電子書籍ストアNAVIロゴ

電子書籍ストアの一覧や比較・まとめをご紹介

電子書籍ストア比較NAVI

BookLive!とBookLive!コミックは何が違う? ~サービス内容と料金システムの違いを解説~

「ブッコミ」ことBookLive!コミックは最近テレビCMが放送されているので耳にしている方も多いのではないでしょうか?

BookLive!コミックを運営する株式会社BookLiveでは、BookLive!という電子書籍サービスも提供しており、電子書籍の取扱数は709,011冊(2018年5月23日時点)と国内でも最大級のラインナップを取り揃えています。

この2つのサービスはサービス名こそ似ていますが、配信する電子書籍のジャンルはもちろん、料金システムも異なります。

そこで今回は「BookLive!コミック」と「BookLive!」の違いや両サイトのサービス内容、配信コンテンツ、読み方について解説したいと思います。

 

BookLive!とは?

BookLive!

BookLive!(ブックライブ)は個別課金型の電子書籍ストアで、読みたい本をその都度購入して読むタイプのサービスとなります。

街の書店と同じように購入する分だけの支払いとなるため、誰でも気軽に利用できるのが特徴。

BookLive!は漫画だけでなく、小説、実用、ライトノベル、雑誌、ビジネス、写真集、BL、TL、アダルトまで何でも揃うサービスで、国内の電子書籍ストアの中でもトップクラスの取扱数があります。

電子書籍版の大型書店というイメージだとわかりやすいかもしれません。

個別課金型電子書籍ストアのイメージ図

とは言え取り扱うのは電子書籍なので、商品をカゴに入れてレジで購入手続きをする流れとなるため、ネット通販で買い物をするような感覚で利用できます。

以前は専用の電子書籍リーダー「Lideo」を発売していましたが、現在は販売が終了しているため、スマートフォンやタブレット、PCに無料のリーダーアプリ「BookLive!Reader」をインストールすることで電子書籍を読むことができます。

会員登録も無料で、0円で読める作品も多く配信しているのでタダでも楽しむことも。

BookLive!の50%OFFクーポン

また、新規会員登録すると貰える半額クーポンや、お得な割引きクーポンなどが貰えるクーポンガチャは1日1回(最大2回)チャレンジできるなどお得な特典も満載です。

BookLive!のサービス紹介ページへ

無料登録してタダで読める本やキャンペーンなどで格安で購入できる本だけを狙って読むのにもおすすめの電子書籍ストア。

関連情報:電子書籍ストア「BookLive!」を利用した感想と評判
 

BookLive!コミック(ブッコミ)とは?

BookLive!コミック(ブッコミ)

BookLive!コミック(略称:ブッコミ)は漫画・コミック専門サイトで少年・青年漫画、少女・女性漫画、TL・BL漫画、アダルト漫画を配信しています。

人気作品はもちろん、ちょっとマイナーな作品から本屋さんでは手に入りにくい名作まで幅広く取り揃えており、100万冊以上の作品を配信しています。

また、BookLive!コミックの大きな特徴の一つが月額課金型の電子書籍ストアであること。

月額課金型電子書籍サービスの仕組み

会員登録する際は月額コースに登録することで利用コースに応じたポイントが付与されて、保有しているポイントを使ってコミックを購入して読む流れとなります。

月額コースを退会しない限りは利用に応じた料金が引き落としされるため、定期的に漫画を購入して読んでいる人向きの電子書籍サービスとも言えます。

月額コースの一部(クレジット決済)

▲ 月額コースの一部(クレジット決済)

BookLive!コミックの月額コースに登録するとコースによっては初回ボーナスが貰えたり、全コースで継続ボーナスが貰えるので、その分お得にコミックが読めるというメリットがある他、毎日貰える「ご来店ポイント」などお得な特典も。

無料で読める作品も充実しているので、新しい漫画を開拓するのにもおすすめ。

漫画を読むための専用アプリのインストールは不要。ブラウザのビューアを使って読むため、スマートフォンやタブレット、PCから気軽に閲覧できますが、ストリーミング再生のみなのでオフラインでは読めない点は注意が必要。

月額コースと決済方法

BookLive!コミックの支払い方法はクレジットカードとドコモやau、ソフトバンクの携帯電話料金との合算払いが選択できます。

選ぶ決済方法によって登録できる月額コースが異なるほか、毎月貰える継続ボーナスも若干異なるので注意しましょう。

クレジットカード決済

月額コース
月額料金
通常付与
ポイント
ボーナスポイント
初回ボーナス 毎月継続
ボーナス
ブックライブコミック
300
324円(税込)
324pt 32pt
ブックライブコミック
500
540円(税込)
540pt 108pt 54pt
ブックライブコミック
1000
1,080円(税込)
1,080pt 238pt 184pt
ブックライブコミック
2000
2,160円(税込)
2,160pt 486pt 486pt
ブックライブコミック
3000
3,240円(税込)
3,240pt 746pt 746pt
ブックライブコミック
5000
5,400円(税込)
5,400pt 1,296pt 1,296pt
ブックライブコミック
10000
10,800円(税込)
10,800pt 2,700pt 2,700pt
ブックライブコミック
20000
21,600円(税込)
21,600pt 5,400pt 5,400pt

 

携帯電話料金との合算払い

キャリア決済

月額コース
月額料金
通常付与
ポイント
ボーナスポイント
初回ボーナス 毎月継続
ボーナス
ブックライブコミック
300
324円(税込)
324pt 32pt
ブックライブコミック
500
540円(税込)
540pt 108pt 54pt
ブックライブコミック
1000
1,080円(税込)
1,080pt 216pt 162pt
ブックライブコミック
2000
2,160円(税込)
2,160pt 432pt 432pt

 

クレカ決済のほうがお得

どちらかと言うとクレジットカード決済のほうが選べるコースが豊富で、コースによってはボーナスポイントも多く貰えるため、よりお得に利用したい場合はクレジットカード決済がおすすめ。

月額300円と500円のコースに限っては、どちらの決済方法でも変わらないので好きな決済方法を選ぶと良いでしょう。

BookLive!コミックのサービス紹介ページへ
 

BookLive!とBookLive!コミックの違い

BookLive!とBookLive!コミックの違い

BookLive!とBookLive!コミックの違いは大きく分けると「配信コンテンツ」「課金方式」「読み方」の3つが大きく異なります。

もちろん別サービスなので細かく異なる点はたくさんあると思いますが、上記3つのポイントをおさえておけばBookLive!とBookLive!コミックの違いは理解できるかと思います。

配信コンテンツの違い

BookLive!コミックとBookLive!の配信コンテンツの違い

まず大きく異なるのが、配信する電子書籍のジャンルです。

BookLive!コミックはサービス名からもわかるように、漫画・コミック専門サイトなので、基本的には漫画作品しか読めません。

読める漫画は少年・青年漫画、少女・女性漫画、TL・BL漫画、アダルト漫画など多彩ですが、小説やビジネス、実用、雑誌などは読めないので注意しましょう。

一方、BookLive!では漫画以外にもラノベ、小説、文芸、ビジネス、実用、雑誌、写真集、BL、TL、アダルトなど色々なカテゴリーの本が読めます。

購入する作品によって使い分けても良いですが、色々な本を読む方であれば「BookLive!」のような何でも揃う電子書籍ストアに一本化したほうが電子書籍の管理も簡単なのでおすすめです。

ちなみにBookLive!は色々なジャンルの電子書籍を配信しているため、「一つ一つのジャンルの作品数が少ないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

2018年5月時点で367,313タイトル、711,157冊を配信する国内でも最大級の電子書籍ストアなので、全体的に取り扱う作品数が充実しています。

課金方式の違い

BookLive!コミックとBookLive!の課金方式の違い

BookLive!コミックとBookLive!では課金方式(購入方法)も異なります。

BookLive!コミックは月額課金型のサービスで、月額コースに登録して毎月ポイントを購入する形となり、保有しているポイントを使用してコミックを購入します。

貰えるポイントは登録時に加入する月額コースによって異なり、ポイントを使い切った場合は個別で課金することでポイントがチャージされます。

また、登録するコースによってはボーナスポイントが貰えるのでお得に読めることも。

一方、BookLive!は作品を購入する際にその都度支払いする方式となっています。

BookLive!はネット通販の感覚で買える

読みたい作品を「カート」に追加して、レジで購入した分だけお支払いの手続きを行います。

ネット通販で買い物する感覚で電子書籍を購入できるので、どちらかと言えば「BookLive!」のほうが利用しやすいかもしれませんね。

支払い方法はクレジットカード、ウェブマネー、携帯料金合算払い(docomo・au・ソフトバンク)、ビットキャッシュ、楽天Edy、モバイルSuicaなど様々な決済方法に対応。

また、一部の三省堂書店の店頭で電子書籍を買うことができる「店頭決済サービス」も提供しています。

読み方の違い

ブラウザ アプリ
BookLive!コミック ×
BookLive!

 
執筆時点でBookLive!コミックはブラウザビューアのみ対応している状況で、電子書籍の閲覧アプリは提供されていません。

アプリのインストール不要で作品購入後はすぐに読むことができますが、作品データのダウンロードができないので常にインターネット環境を必要とします。

そのため、回線状況によってはページの表示に若干時間がかかることもあります。

BookLive!はブラウザだけでなく、専用のアプリ「BookLive!Reader」も提供されているので読み方が選べます。
アプリでは電子書籍のデータを端末にダウンロードすることができるため、インターネット環境がない場所でも本を読むことができます。

「すぐに読みたい場合はブラウザで、じっくり読みたいときはアプリで読む」というような使い分けができるのがBookLive!の魅力です。
 

タイプ別のおすすめ電子書籍サイト

読む本や頻度、用途などのタイプ別に分けておすすめの電子書籍ストアをご紹介したいと思います。

こんな人はBookLive!コミックがおすすめ

BookLive!コミックの魅力はなんと言っても「ボーナスポイント」が貰えることです。

特にポイントが多く貰える月額料金が高いコースであれば、貰えるボーナスポイントも増えるので毎月たくさんのコミックを購入するような方であれば、よりお得に漫画を購入することができます。

例えばクレカ決済の「ブックライブコミック5000」コースであれば、通常の5,400ptに加えて初回ボーナスもしくは毎月継続ボーナスとして1,296円相当のポイントが貰えます。

3冊ほどは実質タダでコミックが読めることになるのでおすすめ。

ただし、読んでも読まなくても毎月の料金が発生してしまうため、普段あまりコミックを読まない方にはBookLive!コミックは向いていません。

こんな人はBookLive!がおすすめ

電子書籍の初心者におすすめなのがBookLive!です。

登録やアプリは無料で、読んだ分だけの支払いのため自分の読みたいペースで利用できるため、誰でも利用しやすい電子書籍サービスとなります。

キャンペーンや特集も多いため、通常価格よりも安く電子書籍が購入できますし、1日1回(最大2回)挑戦できるクーポンガチャでお得なクーポンも貰えてお得感もあります。

決済方法の種類が豊富なことやブラウザだけでなく、アプリでも電子書籍が読める点などBookLive!は様々なメリットがあるので電子書籍を初めて利用する人や色々な本を読む人、本を読む頻度が少ない人にもおすすめの電子書籍ストアなのです。

無料で読める本も充実しているので、電子書籍のお試しとしても良いですよ。
 

まとめ

「BookLive!コミック」と「BookLive!」 は株式会社BookLiveが運営する電子書籍ストアですが、作品ラインナップや本の購入方法、読み方は大きく異なります。

そのため人によっては向き不向きのストアがあるため、しっかりサービス内容を把握したうえで利用すると良いでしょう。

漫画が好きで定期的にたくさんのコミックを購入する方であれば「BookLive!コミック」のほうがよりお得に読める可能性が高いです。

ジャンル問わず様々な本を読む方や読む頻度が少ない方、電子書籍を初めて利用する方は誰でも利用しやすい「BookLive!」が良いでしょう。

なお、「BookLive!コミック」と「BookLive!」は別サービスのため、両サービスで共通のアカウントでの利用や、保有ポイントの利用などはできないので注意しましょう。

 - 電子書籍について

1 eBookJapan(イーブックジャパン)

eBookJapan(イーブックジャパン)

漫画・コミックの品揃えはトップクラス!セールも多く実施しており、最大50%OFFで購入できることも!

  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応
  •  セールあり

おすすめ度:

2 BookLive!(ブックライブ)

BookLive!(ブックライブ)

TSUTAYA、東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資の国内最大級の電子書籍ストア!

  •  新規会員半額クーポンあり
  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

3 DMMの電子書籍

DMMの電子書籍

動画サービスや英会話など様々なサービスを提供するDMMが運営する電子書籍ストア。無料コンテンツも充実!

  •  会員登録無料
  •  無料立ち読みあり
  •  成人向けコミック充実
  •  オフラインでも読める
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

  関連記事

dマガジンを複数の端末で閲覧する方法と利用可能な最大デバイス数
dマガジンを複数の端末で閲覧する方法と利用可能な最大デバイス数

ファッション誌やエンタメ、週刊誌などたくさんの雑誌が月額400円で読み放題できる …

dマガジンの雑誌をダウンロードして読む方法と使い方
dマガジンの雑誌をダウンロードして読む方法と使いこなすためのポイント

月額400円で200以上の雑誌が読み放題できるサービス「dマガジン」は、端末に雑 …

Reader Storeで電子書籍を購入する流れとクーポンの使い方
Reader Storeで電子書籍を購入する流れとクーポンの使い方

Reader Storeの無料会員登録が完了したら次はストア内で読みたい電子書籍 …

楽天マガジン登録方法
楽天マガジンの登録方法とその流れ

楽天マガジンは月額380円(税抜)で約200冊の電子雑誌を読み放題で利用できるサ …

BOOKLive!
電子書籍サイト「BookLive!」の会員登録から購入までの流れ

電子書籍サイト「BookLive!」は、漫画、ラノベ、文芸からビジネスなど幅広い …

様々なデバイス
電子書籍を読むデバイスについて

電子書籍を読むためには、読むためのデバイスが必ず必要になります。 電子書籍という …

コミックDAYS プレミアムの解約方法
コミックDAYS プレミアムの解約方法を詳しく解説

コミックDAYSのプレミアム会員になると月額720円で「ヤングマガジン」「モーニ …

コミックシーモアの無料会員登録方法
コミックシーモアの無料会員登録方法とお得な月額コースについて

コミックシーモアで電子書籍を購入して読むには新規で会員登録を行う必要があります。 …

DMMの電子書籍
電子書籍サイト「DMM 電子書籍」の会員登録から購入までの流れ

このページでは、DMMが運営する電子書籍サイト「DMM 電子書籍」の登録方法や、 …

楽天Koboで電子書籍の購入方法と読むまでの流れ
楽天Koboで電子書籍を読もう!購入から読むまでの流れ

このページでは楽天Koboで電子書籍を購入する方法や読むまでの流れを、実際に管理 …