新しくリリースされたアプリ「ebookjapan」をレビュー。連携方法と現行アプリとの違い

eBookJapanはこれまでスマートフォンやPC向けに電子書籍リーダーアプリを提供してきましたが、ヤフーとの業務提携に伴い、新しいコミックアプリ「ebookjapan」をリリースしました。

また10月1日からは電子書籍ストアもリニューアルするなど、ヤフーとの連携が強化されています。

しばらくは既存サイトと並行運用されるようなので両方のリーダーアプリが利用できそうですが、今後は新アプリに一本化されるかもしれないということもあり、早速新しいアプリを試してみましたのでレビューしたいと思います。

すでにeBookJapanを利用しているユーザーはID連携することで新アプリでも購入した電子書籍を読むことができるので、連携方法についても画像付きで解説してきます。

 

新アプリ「ebookjapan」とは?

マンガebookjapan

新たにリリースされたコミックアプリ「ebookjapan」は様々なコミックが様々な形で読める漫画に特化したアプリとなっています。

1枚につき1話分の漫画が読めるチケットが1日8枚(朝夕4枚ずつ)毎日貰えるので、無料で読むことができます(チケットの上限は4枚)。

また、「連載無料」や「1冊無料」でも無料で読める漫画がたくさん配信されているので、お金を払わなくても十分楽しめるコンテンツも豊富なのが特徴。

「ストア」では少年・青年マンガ、少女・女性マンガ、男性・女性マンガ誌を1冊から購入することも可能。
電子コミック購入の際には「コイン」をチャージしてから購入して読む形となります。

アプリは「マンガebookjapan」として、App StoreもしくはGoogle Playからダウンロードできます。

もちろんダウンロードは無料ですので、気になっている方はスマートフォンやタブレット端末にインストールしてみましょう。
 

アプリのインストール方法

それではAndroidスマートフォンを使って実際に「マンガebookjapan」をインストールしてみたいと思います。

Google Playのアプリページ

Android端末であればGoogle Playからアプリをダウンロードします。
「インストール」をタップすればダウンロードとインストールを行います。

インストールが完了したら、「開く」でアプリを起動します。

アプリ「ebookjapan」のホーム画面

アプリのホーム画面に切り替われば無料作品の閲覧などができます。

画面上部メニューの「オススメ」「連載無料」「1冊無料」から作品を選ぶことができるほか、ホーム画面にはピックアップ特集や人気作品などが並ぶので、この中から読みたい作品を探すのもおすすめ。

ジャンル別や著者や作品名から直接探すことも可能です。

Yahoo! JAPAN IDにログインすれば本棚が利用できる

Yahoo!グループのサービスということもあり、Yahoo!JAPAN IDにログインすることで本棚も利用することができます。

「ログイン」からIDとパスワードを入力してログインすれば、購入した電子コミックなどはこの本棚に格納されて、いつでも読むことができるようになります。
 

本の購入と読み方

マイページからログインする

本を購入する前にYahoo!JAPAN IDでログインします。
まだログインされていない方は「マイページ」の「ログイン」からIDとパスワードを入力してログインしておきましょう。

ログインすれば「本棚」が利用可能になり、ストアで購入した電子コミックは「本棚」からいつでも読むことができるようになります。

それでは早速、ebookjapanアプリ内で電子コミックを購入してみたいと思います。

アプリストア内では「コイン」が必要

「マンガebookjapan」アプリ内で電子コミックを購入またはレンタルするには、アプリ内通貨「コイン」をまず購入して、保有しているコインを使います。

コインの追加購入は「マイページ」の「チャージ」から必要な分だけその都度チャージできます。

チャージできるコイン一覧ページ

「マイページ」内の「チャージ」をタップすると購入できるコイン一覧ページへと移動します。

チャージできるコインと料金は下記になります。

コイン 料金
100 100円
200 200円
300 300円
600 600円
1,000 1,000円
2,000 2,000円
3,000 3,000円
5,000 5,000円
9,800 9,800円
19,800 19,800円

 
チャージできるコインは100円から19,800円分まで幅広く追加可能。100円から追加できるため無駄なくコインを使うことができそうですね。

まとまったコインを購入するとボーナスコイン(ポイント)が貰えるストアもありますが、ebookjapanでは追加するコインの数に関係なく、1コイン=1円相当としてチャージする形となります。

ちなみに、チャージしたコインは異なるOSのアプリでは利用できないので複数のデバイスで利用している方は注意が必要です。

コインをチャージする

では実際にコインを追加チャージしてみたいと思います。

今回は606コイン必要な作品を購入したいので700コイン(100+600)チャージします。

決済情報の選択・入力画面

600コインを選択すると決済情報の入力画面に移動するので、クレジットカードを選択してカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力して購入します。

さらに追加購入する場合は同じ要領で追加購入しましょう。

マイページの保有コイン

追加購入手続きが完了したらマイページの保有コインが表示されているはずです。
これでコインのチャージは完了です。続いてチャージしたコインを使って本を購入してみたいと思います。

コインで電子コミックを購入する

コインを使って本を購入するのはとっても簡単。
ebookjapanアプリ内の「ストア」に移動して、読みたい本を選んで購入するだけです。

ストアではジャンル別や新着順、ジャンル別ランキング、おすすめ新シリーズなど様々なカテゴリから本を探すことができます。

読みたい本が決まっている場合は「検索」からタイトルや著者名で直接検索したほうが早く見つけることができますよ。

作品詳細ページ

読みたい作品詳細ページに移動したら、購入に必要なコインが表示されているボタンをタップして、確認画面で「購入」をタップすれば購入することができます。

なお、Web版の電子書籍ストアのように購入したい作品をカゴに一旦入れておいて、あとでまとめて購入するといった買い方は不可能なようです。

購入した本を読む

本の購入手続きが完了すると作品詳細ページに戻ります。
購入済み作品は作品詳細ページの「読む」からそのまま閲覧することができます。

また、購入作品は「本棚」からも閲覧可能。
読みたい作品を選んで「いますぐ読む」もしくは「ダウンロード」で読むことができます。

ビューアの使い方

読み方は画面左右のタップやフリックでページ移動ができます。

中央部分のタップでメニュー表示

また、画面中央部分のタップでメニューが表示されます。
ビューアの主な機能は下記になります。

①ビューアを閉じる
②メニュー(目次/しおり)の表示
③しおり
④縦読み/横読みに変更
⑤現在のページ位置と移動

新しいebookjapanアプリの閲覧画面は非常にシンプルな機能になっているので、電子書籍初心者でも使いやすいかもしれません。

縦読みと横読みが簡単に切り替えられるので利用する端末やシーンに合わせて最適な読み方が選べます。
 

ebookjapanとの連携方法

リニューアル前のeBookJapanを利用中の方は、Yahoo!JAPAN IDを取得してBookJapanののアカウントを紐付ければ、購入済みの電子書籍が新しいebookjapanストアとアプリでも読むことができるようになります。

現在は現行ストアと新しいストアが並行して運営されますが、いずれは新しいストアに統一されるかと思うので両方のストア・アプリで読める環境を作っておくと安心です。

ID連携の方法は以下になります。

①Yahoo! JAPAN IDを取得

ID連携はこちらのページにアクセスして、案内に従って進めていけば簡単に連携できます。

新しいebookjapanではYahoo!JAPAN IDが必要になりますので、まだ取得していない場合はこちらから新規登録してください。

すでにYahoo!JAPAN IDをお持ちの方は次のステップへと進みます。

②Yahoo! JAPAN ID連携をする

既存ストアであるeBookJapanのマイページからYahoo! JAPAN ID連携を行います。

まずはeBookJapanの公式ストアへアクセスしてログインしておきましょう。

ログイン後、「マイページ」→「マイページTOP」→「会員情報の変更・確認」へと進みます。

Yahoo!JAPAN ID連携方法

会員情報の確認・変更画面内に表示されている「Yahoo!JAPAN ID連携」は「未提携」になっているはずなので、「提携登録」ボタンをタップしましょう。

Yahoo!JAPANのIDとパスワードを入力

するとYahoo!Japanのログイン画面に切り替わるので、Yahoo!JAPANのIDとパスワードを入力してログインしてください。

ログインするとeBookJapanへの情報提供等の確認画面に切り替わります。「同意してはじめる」ボタンをタップすれば連携完了となります。

③新「ebookjapan」にログインする

ID連携が完了したら新しいebookjapanに一度ログインします。

ebookjapanのログイン方法

スマートフォン画面の場合、画面左上の三本線のアイコンをタップして展開されるメニュー一覧の「ログイン」を選択して、連携済みのYahoo!JAPAN IDでログインしましょう。

ログインすることで書籍・本棚の連携準備が完了します。

④書籍・本棚の連携に同意する

ログインが完了したらこちらのページに戻って、書籍・本棚の連携に「同意する」ボタンを選択すれば連携の手続きは完了となります。

購入済の書籍・本棚の連携には最大1時間ほどかかるので、しばらく待ってから新ebookjapanのストアにアクセスすれば反映されているはずです。
 

現行アプリとの大きな違いとは?

「ebiReader」と「ebookjapan」アプリ比較

新しくなった「ebookjapan」アプリでは購入した本棚機能はもちろん、無料で読める機能が充実しています。
「連載無料」や「1冊無料」コーナーもあり、タダで読める作品がたくさん用意されています。

既存の「ebiReader」は購入した電子書籍を読むためのアプリでしたが、新しい「ebookjapan」は無料コミックアプリと本棚アプリが組み合わさったアプリとなっています。

ebookjapanアプリでは無料チケットが貰える

「ebiReader」でも期間限定の無料作品を読むことができましたが、新アプリでは無料コーナーの作品の閲覧に使用できる「チケット」が毎日2回貰えるので、より多くの作品を無料で読むことができるようになっています。

チケット1枚で1話読むことが可能なので、毎日少しずつ無料でマンガを楽しむことができます。

本棚機能については、eBookJapanの特徴であった背表紙表示が新アプリ(Android)では表示できなくなっているようです。

また、「ebiReader」はiOS、Android、Windows、Mac版にそれぞれアプリが提供されていますが、新アプリではMac版のアプリは提供されていないので、Macのアプリから電子書籍を閲覧している方はあまりおすすめできません(ブラウザからの閲覧は可能)。
 

マンガebookjapanを使った感想

毎日無料で貰える「チケット」により、無料コミックアプリのような感覚で使える新しい「ebookjapan」はマンガ好きの方には特におすすめ。

ebookjapanの公式ストアで購入した作品と無料作品が楽しめるのでなかなか良いと思います。

特に試し読みには向いているので、たくさんの作品を試し読みして、気に入ってまとめて一気に読みたい場合はストアで購入して読むというような使い方ができるのも魅力です。

Android版アプリでは、eBookJapanの特徴でもあった背表紙表示ができないなど残念な部分はありますが、現行のストアで購入した電子書籍も読めるので試しに利用してみる価値はあると思いますよ。

ダウンロード機能はもちろん、SDカードへの保存にも対応しているのでオフラインでも楽しめます。

 - レビュー

1 eBookJapan(イーブックジャパン)

eBookJapan(イーブックジャパン)

漫画・コミックの品揃えはトップクラス!セールも多く実施しており、最大50%OFFで購入できることも!

  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応
  •  セールあり

おすすめ度:

2 BookLive!(ブックライブ)

BookLive!(ブックライブ)

TSUTAYA、東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資の国内最大級の電子書籍ストア!

  •  新規会員半額クーポンあり
  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

3 DMMの電子書籍

DMMの電子書籍

動画サービスや英会話など様々なサービスを提供するDMMが運営する電子書籍ストア。無料コンテンツも充実!

  •  会員登録無料
  •  無料立ち読みあり
  •  成人向けコミック充実
  •  オフラインでも読める
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

  関連記事

U-NEXT(ユーネクスト)
漫画とアニメ(動画)好きならU-NEXTがおすすめ!その魅力と使い方を徹底解説

アニメや映画、ドラマ、バラエティなどビデオオンデマンドが楽しめる動画配信サービス …

eBookJapan(イーブックジャパン)
電子書籍を「eBookJapan(イーブックジャパン)」で利用した感想と評判

電子書籍でコミックや小説などを読む場合、電子書籍を販売するストア(サイト)で購入 …

DMMのコミックレンタルを実際に利用してみた感想
【レビュー】DMMのコミックレンタルを実際に利用してみた感想

電子書籍やネット通販の普及により「漫画を読む」というだけでも、様々な選択肢があり …

DMM電子書籍を利用した感想・評価
DMM電子書籍を利用した感想・評価 ~ここが良かった!5つのおすすめポイント~

eBookJapanやBooklive!など複数の電子書籍ストアを利用している管 …

楽天KoboアプリがSDカードへの保存に対応したので実際に使ってみた
楽天KoboアプリがSDカードへの保存に対応したので実際に使ってみた

楽天Kobo電子書籍ストアの利用者には待ちに待った機能が追加されました。 And …

eBookJapanで縦読みしてみた感想
eBookJapanで縦読みしてみた感想 | 対応デバイスと設定方法

電子書籍は専用端末やPC、スマートフォン、タブレット端末など多彩なデバイスで読む …

DMM電子書籍のタテ読みをレビュー
DMM電子書籍が縦読みに対応したので実際に読んでみた

最近スマートフォンでも快適に読める「縦読み」(縦スクロール)に対応する電子書籍ス …