dマガジンを複数の端末で閲覧する方法と利用可能な最大デバイス数

      2017/09/22

ファッション誌やエンタメ、週刊誌などたくさんの雑誌が月額400円で読み放題できるdマガジン。

料金が手頃で、auやソフトバンクなど、ドコモユーザー以外でも利用可能なサービスとあって興味がある方も多いのではないでしょうか?

dマガジンは、様々なデバイスで読むことができるので、利用シーンに合わせて端末を使い分けることができますが、利用できる端末数は限られているんです。

そこでこのページでは、dマガジンを複数の端末で閲覧する方法や利用できる最大デバイス数についてご紹介したいと思います。

 

dマガジンの対応デバイス

dマガジンの対応デバイス

dマガジンはスマートフォンやタブレット端末だけでなく、パソコンでも雑誌を読むことができます。
雑誌読み放題サービスでは楽天マガジンが有名ですが、楽天マガジンはパソコンでの閲覧は非対応となっています。

パソコンで閲覧する場合、画面が大きく文字が多い雑誌でも読みやすいことや、アプリのインストール不要でブラウザからすぐに読めるためとても便利。

また、利用シーンによってデバイスを使い分けやすくなるので、自分に合ったスタイルで読めるなどメリットがとても大きいです。

対応デバイスはiOSのスマートフォンやタブレット、Androidのスマートフォン、タブレットに対応しています。
もちろん、人気のiPhoneやiPadからも読むことができます。

パソコンはWindows 7以上、Mac OS 10.6以上であればブラウザから読むことができます。

 

dマガジンは複数端末で利用可能

様々なデバイスに対応しているdマガジンですが、最大で利用可能な端末数は決められているものの、複数の端末で利用することがきます。

また、スマートフォンやタブレットであれば複数の端末で同じ雑誌も同時に接続して読むことができます。

複数の端末で利用できるため、部屋では画面の大きなパソコンで、リビングでは画面も大きく持ち運びも容易なタブレットで雑誌を読み、電車移動中はいつも持ち歩いているスマートフォンで読むなど、用途や利用シーンで端末を使い分けることができます。

ただし、基本的には1アカウント1利用者となるため、家族みんなで共有して利用することはできません。

利用可能な端末数

dマガジンはスマートフォンやタブレットの専用アプリからであれば、1アカウントにつき最大5台まで利用することができます。

また、パソコンのブラウザからも1台まで利用することができるので、最大6台までdマガジンで配信されている雑誌を読むことができます。

利用可能な端末数

例えばですが、スマートフォン3台+タブレット2台+パソコン1台の合計6台で利用することも可能です。

おそらく通常利用であれば6台で読めれば十分なはずです。
用途によって色々な端末を使い分けて気軽に読書が楽しめますよ。

複数の端末で閲覧(端末追加)する方法

複数の端末でdマガジンを読む方法やその流れを詳しくご紹介したいと思います。

基本的には読みたい端末にdマガジンのアプリをダウンロード・インストールして、ログインすれば利用端末が追加される形となり、そのまま利用することができます。

その手順は以下のようになります。

1.端末にdマガジンのアプリをインストール

Play ストアをタップ

まずはアプリをインストールするため、Play ストアをタップします。

※上記画像はAndroid端末を使用しているため、アプリはPlay ストアからダウンロードしていますが、iOSの場合はApp Storeからダウンロードが可能です。

キーワード検索で「dマガジン」と検索

キーワード検索で「dマガジン」と検索しましょう。

dマガジンアプリが表示されたら「インストール」をタップ

dマガジンのアプリが表示されると思いますので、そのまま「インストール」をタップして端末にインストールします。

インストールが完了したら「開く」をタップする

インストールが完了したら「開く」をタップしてアプリを開きましょう。

2.ログイン

dマガジンの利用確認ページが開きますので、「次の画面へ」をタップ

dマガジンの利用確認ページが開きますので、「次の画面へ」をタップします。

「dマガジンアプリのご利用にあたって」という画面に移動するので、「同意する」にチェックを入れて「利用開始」をタップします。

dアカウントIDとパスワードを入力してログインする

続いて会員登録済みの方はそのまま「ログイン/会員登録」をタップしてdアカウントIDとパスワードを入力してログインします。

3.完了

dマガジンのチュートリアル画面

チュートリアル画面が表示されるので、確認もしくはスキップで飛ばすこともできます。

これで登録は完了です。
端末が追加されているので、いつでもdマガジンを利用することができます。

登録端末の変更・解除方法

スマートフォンやタブレットは最大5台まで、パソコンは1台までしか利用することができませんので、それ以降端末を追加・利用する場合はすでに登録中の端末を変更または解除する必要があります。

利用端末の解除方法

利用端末の解除する方法はログアウトするだけです。

ログアウトは右上部にあるメニュー(三本線のアイコン)をタップするとメニュー一覧が表示されるので、メニュー内の「アカウント」→「ログアウト」で利用端末の解除ができます。

登録端末の変更方法

利用端末を5台登録した状態で新たにログインしようとすると、登録端末を解除できる画面が表示されます。

不要な端末を解除して新たな端末を追加登録することで利用端末の変更ができます。

 

複数の端末で同時に閲覧可能?

複数の端末で同時閲覧

dマガジンはスマートフォンやタブレットのアプリからであれば同じ雑誌であっても同時に閲覧することができます。

1人で利用する場合は同時に閲覧する機会はそこまで多くはないと思いますが、例えば自分部屋で途中まで読んで、続きをリビングでそのまま読むような使い方もできます。

ただし、パソコンのブラウザビューワーは1台までしか利用できません。

ブラウザビューワーは同時利用ができない

他のPCで同時に閲覧しようとすると「ビューワーの起動に失敗しました。ブラウザビューワーを終了します。」とのメッセージが表示されます。

PCの場合は同時利用ができないので、読み終わったら閉じておくようにしましょう。

 

まとめ

dマガジンはスマートフォン、タブレットのアプリからは最大5台まで利用することができ、同時に読むこともできます。

パソコンのブラウザでも雑誌を読むことができますが、同時に複数台のパソコンからは読むことができませんので注意しましょう。

スマートフォンやタブレット、パソコンを含めると最大6台のデバイスで利用できるので、一人で利用する分には十分なはずです。

利用端末の解除や変更なども可能なので、利用シーンや用途に合わせて様々なデバイスを使い分けましょう!

dマガジンの料金・サービス内容へ

 - 電子書籍について

1 eBookJapan(イーブックジャパン)

eBookJapan(イーブックジャパン)

漫画・コミックの品揃えはトップクラス!セールも多く実施しており、最大50%OFFで購入できることも!

  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応
  •  セールあり

おすすめ度:

2 BookLive!(ブックライブ)

BookLive!(ブックライブ)

TSUTAYA、東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資の国内最大級の電子書籍ストア!

  •  新規会員半額クーポンあり
  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

3 DMMの電子書籍

DMMの電子書籍

動画サービスや英会話など様々なサービスを提供するDMMが運営する電子書籍ストア。無料コンテンツも充実!

  •  会員登録無料
  •  無料立ち読みあり
  •  成人向けコミック充実
  •  オフラインでも読める
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

  関連記事

BookLive!とBookLive!コミックの違い
BookLive!とBookLive!コミックは何が違う? ~サービス内容と料金システムの違いを解説~

「ブッコミ」ことBookLive!コミックは最近テレビCMが放送されているので耳 …

BookLive!アイキャッチ画像
BookLive!の初回限定半額(50%OFF)クーポンの使い方

電子書籍BookLive!は約50万冊以上の電子書籍を配信している人気のサービス …

月額課金型の電子書籍サービス
月額課金型の電子書籍サービスについて

電子書籍はサービスの多様化によって様々な形式の電子書籍サービスが提供されています …

eBookJapanの決済方法とワンタッチ決済の登録手順
eBookJapanの決済方法とワンタッチ決済の登録手順について

当サイトの管理人は複数の電子書籍サイトを利用していますが、メインで購入しているの …

Windows10
Windows10で電子書籍は読める?主要ストアの対応状況まとめ

電子書籍を読むには、電子書籍の専用端末を利用する以外にも、お持ちのパソコンやタブ …

個別課金型電子書籍ストアのイメージ図
個別課金型の電子書籍ストアについて

電子書籍サービスには月額課金型やサブスクリプション型、レンタル型など様々なタイプ …

DMMの電子書籍
電子書籍サイト「DMM 電子書籍」の会員登録から購入までの流れ

このページでは、DMMが運営する電子書籍サイト「DMM 電子書籍」の登録方法や、 …

dマガジンをスマホで読もう!雑誌の読み方やビューワーの機能をご紹介
dマガジンをスマホで読もう!雑誌の読み方やビューアの機能をご紹介

dマガジンは、パソコンだけでなくタブレットやスマートフォンでも読むことができます …

BookLive!クーポンガチャ
BookLive!クーポンガチャの使い方と貰えるクーポン

電子書籍サイトBookLive!は約50万冊の電子書籍を配信している電子書籍スト …

楽天マガジンのポイント決済方法
楽天マガジンの料金を楽天スーパーポイントで支払うための設定方法

楽天マガジンの支払い方法はクレジットカードのみですが、2017年7月から楽天スー …