dマガジンの雑誌をダウンロードして読む方法と使いこなすためのポイント

   

月額400円で180以上の雑誌が読み放題できるサービス「dマガジン」は、端末に雑誌をダウンロードして読むことができます。

雑誌をダウンロードしておくことで様々なメリットがあるため、dマガジンを利用される方は活用したい便利な機能となります。

以下では、dマガジンのダウンロード機能の紹介やダウンロードして読む方法、使いこなすためのポイントについてまとめています。

 

dマガジンのダウンロード機能とは?

dマガジンのダウンロード機能

dマガジンはネットワーク環境が不安定な場所やオフライン状態でも雑誌が読めるように、雑誌のダウンロード機能があります。

雑誌を端末にダウンロードしておけば、インターネット環境がない場所でもサクサク読めるので便利な機能です。

dマガジン・アプリでは雑誌一冊を一括でダウンロードするだけでなく、記事単位でデータをダウンロードすることもできます。

雑誌をダウンロードして読むメリット

雑誌のデータを一時的に端末にダウンロードしておくので、オフラインでも雑誌を閲覧できるのが最大のメリットとなります。

電子書籍サービスの中にはストリーミング配信による閲覧も可能ですが、呼んでいる最中はインターネット接続が必要なだけでなく、ネットワーク環境や読む速度によっては読み込みに時間がかかり、遅延が発生することもしばしば。

雑誌をダウンロードしておけば、オフラインでもサクサク読める!

でも、ダウンロードしておけば読み進める速度が早くても遅延なく読むことができます。

自宅のWi-Fiでダウンロードしておけば、スマートフォンのパケットも消費せず、いつでもどこでも雑誌を気軽に読むことができます。

ダウンロード可能な端末

dマガジン・アプリはAndroid、iOS端末に対応

雑誌のダウンロードはdマガジン・アプリを利用できる端末で行うことができます。

dマガジン・アプリはiPhoneやiPadなどのiOS端末やAndroid搭載のスマートフォン、タブレットで利用することができます。

2017年8月時点での対応OSは以下になります。

端末 対応OS
iOS OS 7.0~10.3
Android OS 4.0~7.1

 

人気のiPhoneやiPadでも雑誌をダウンロードして読むことができます。

スマートフォンは常に持ち歩くデバイスとなっているので、スマートフォンにアプリを入れてダウンロードしておけば、雑誌をいつでもどこでも楽しむことができるのでおすすめ。

dマガジンの対応機種一覧へ

一括ダウンロードの設定方法

dマガジン・アプリは初期状態では、記事単位でデータをダウンロードする設定となっているため、雑誌を丸々一冊ダウンロードする場合には向きません。

雑誌一冊ダウンロードする場合は設定を変更する必要があります。

以下では一括ダウンロードの設定方法についてご紹介いたします。

「メニュー」の「ダウンロード」をタップ

まずはdマガジン・アプリを起動して、画面右上にあるメニューアイコンをタップして、メニュー内の「ダウンロード」をタップします。

「ダウンロード設定」の記事閲覧時のダウンロード設定をオンに設定

「ダウンロード設定」の記事閲覧時のダウンロード設定をオンに設定すると、雑誌を閲覧する際に雑誌一冊のデータを一括ダウンロードできます。

 

dマガジンのダウンロード方法

dマガジンで雑誌をダウンロードの仕方は以下のようになります。

まずはダウンロードしたい雑誌を選びタップするとビューワが立ち上がり、雑誌の閲覧画面になります。

ビューワ(雑誌閲覧画面)を開くと雑誌のダウンロードが開始される

記事閲覧時のダウンロード設定をオンにすると、ビューワ(雑誌閲覧画面)が開くと雑誌のダウンロードが開始されます。

ネットワーク環境や雑誌によってダウンロード時間は異なりますが、Wi-Fi環境であれば数分でダウンロードが完了するはずです。

ダウンロードが完了すれば、インターネットが使えないオフラインでも雑誌を読むことができます。

ダウンロード管理

ダウンロード済み雑誌の一覧やダウンロード進行状況は「ダウンロード管理」から確認することができます。

ダウンロード管理画面

ダウンロード中の雑誌は「取得中」と表示され、この時点ではダウンロードが完了していません。
ダウンロードが完了すると「完了」という表示に切り替わります。

ダウンロード管理画面はメニュー内の「ダウンロード」→「ダウンロード管理」から閲覧可能です。

ダウンロード済み雑誌の削除方法

ダウンロード管理画面からはダウンロードした雑誌を削除することもできます。
ダウンロード済み雑誌の削除方法は以下になります。

ダウンロード管理画面の右上に表示されている「編集」をタップすると雑誌が選択できるようになります。

ダウンロード済み雑誌は、削除したい雑誌にチェックを入れて「削除」をタップすれば端末から削除できる

あとは削除したい雑誌にチェックを入れて「削除」をタップすれば端末から削除することができます。
「全選択」もできるので一括で削除する際に便利ですよ。

 

ダウンロード機能を使いこなすためのポイント

dマガジンは雑誌のダウンロードができて非常に便利ですが、利用するうえで知っておいたほうが良い機能やポイントがいくつかあります。

そこで以下では、dマガジンの雑誌ダウンロード機能を使いこなすためのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

保存先は本体ストレージのみ

雑誌をダウンロードした際のデータはスマートフォン、もしくはタブレット端末の本体に保存されます。
保存先の変更はできないため、microSDカードなどの外部メモリには保存することができません。

そのため、スマホ本体の内蔵ストレージに余裕があれば問題ありませんが、空き容量が少ない場合はダウンロードできないこともあります。

電子コミックのように、膨大な量のデータを長期保存する必要がないため、そこまで気にする必要はありませんが、覚えておいて損はないと思います。

空き容量がほとんどない場合は、不要なデータやアプリを削除してからダウンロードすると良いでしょう。

雑誌のファイルサイズを確認する方法

dマガジンは雑誌のファイルサイズを確認することができます。

雑誌のファイルサイズを確認する方法

ファイルサイズの確認はビューワメニューにある「雑誌紹介」をタップすると確認することができます。

上記画像の雑誌「2nd」2017年10月号のファイルサイズは129.66MBとなっています。

ダウンロード済み雑誌のファイルサイズは、メニュー内の「ダウンロード」→「キャッシュ削除」から確認できる

ダウンロード済み雑誌のファイルサイズは、メニュー内の「ダウンロード」→「「キャッシュ削除」から確認することができます。

一覧表示されているので、各雑誌のデータサイズが一目でわかるようになっています。

PC(ブラウザ)版はダウンロード不可

見開き表示

dマガジンはパソコンでも閲覧可能ですが、アプリはiOS、Android向けにしか提供されていません。
なのでPCでdマガジンを読む場合はブラウザから読むことになります。

ブラウザ版はストリーミング配信のみとなるためダウンロードはできず、雑誌を読んでいる最中はネット環境が必要になることを覚えておきましょう。

画面の大きなパソコンは、見開き表示でも読めるなど様々なメリットがあるので、利用シーンによって使い分けると良いでしょう。

関連情報:dマガジンをPCで読む方法と使って感じたメリット・デメリット

その他の注意点など

各雑誌ごとに設定された閲覧期限があるため、雑誌をダウンロードした場合でも期限が過ぎた場合は読めなくなるので注意が必要です。

ダウンロードしてあっても閲覧期限内に読むようにしましょう。

また、dマガジンは1アカウントにつき最大5台まで利用可能ですが、ダウンロードした雑誌をそのまま他の端末に移すことはできません。

各端末ごとにアプリのインストールや雑誌のダウンロードが必要となりますので覚えておきましょう。

 

まとめ

dマガジンはストリーミングとダウンロード、2つの読み方ができます。

雑誌を読みながらダウンロードする形となりますが、記事閲覧時に一括でダウンロードする設定にしておけば、ビューワを開いた時点でダウンロードが開始されます。

電車通勤中などで読む場合は、読みたい雑誌を自宅のWi-Fi環境でダウンロードしておけば、パケットを消費せずにサクサク読むことができますよ。

ストリーミング配信のみですが、パソコンでも読めるので利用シーンに合わせてデバイスを使い分けると良いでしょう。

公式サイト:dマガジン

dマガジンは初回31日間は無料で利用できるので、実際に使いながら試すことができます。

「お金を払ってでも使いたい!」と感じれば、そのまま利用継続して、「あまり使う価値がないな・・・」と感じた方は無料お試し期間中に解約しましょう。

関連情報:dマガジンの登録方法と申し込みの流れ

 - 電子書籍について

1 eBookJapan(イーブックジャパン)

eBookJapan(イーブックジャパン)

漫画・コミックの品揃えはトップクラス!セールも多く実施しており、最大50%OFFで購入できることも!

  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応
  •  セールあり

おすすめ度:

2 BookLive!(ブックライブ)

BookLive!(ブックライブ)

TSUTAYA、東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資の国内最大級の電子書籍ストア!

  •  新規会員半額クーポンあり
  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

3   DMMの電子書籍

DMMの電子書籍

動画サービスや英会話など様々なサービスを提供するDMMが運営する電子書籍ストア。無料コンテンツも充実!

  •  会員登録無料
  •  無料立ち読みあり
  •  成人向けコミック充実
  •  オフラインでも読める
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

  関連記事

楽天マガジンのビューワーの機能と使い方
楽天マガジンで雑誌を読もう!ビューワーの機能と使い方

雑誌読み放題サービスの中でもコストパフォーマンスに優れている「楽天マガジン」。 …

dマガジン
dマガジンの登録方法と申し込みの流れ

月額400円(税別)で電子雑誌が読み放題できる「dマガジン」は、CMでも流れてい …

eBookJapan
eBookJapanの会員登録から電子書籍を購入するまでの流れ

このページでは、国内最大級の電子書籍サイト「eBookJapan」の会員登録方法 …

電子書籍の支払い方法
電子書籍の支払い方法について

電子書籍の場合、直接書店で購入することはないため、決済方法が紙の書籍を購入する場 …

電子書籍のメリットとデメリット
電子書籍のメリットとデメリット

 最近では電子書籍をよく利用する方が結構増えてきているみたいです。 実際、電子書 …

dマガジンの配信数と雑誌の種類(ジャンル)
dマガジンはどんな雑誌が読める?雑誌の配信数とジャンルについて

月額400円という手頃な料金で180もの雑誌が読み放題になる「dマガジン」ですが …

楽天マガジンの端末追加/削除方法と利用可能なデバイス数について
楽天マガジンの端末追加/削除方法と利用可能なデバイス数について

月額380円で約200誌の雑誌がスマートフォンやタブレット端末で読み放題できる楽 …

eBookJapanのリーダーアプリ
eBookJapanのアプリを徹底解説!使い方や便利な機能、電子書籍の読み方について

eBookJapanはパソコンやスマートフォン向けに「ebiReader」という …

電子書籍ストアを選ぶ上で大切な5つのポイント
電子書籍はどこで買う?電子書籍ストアを選ぶ上で大切な5つのポイント

これから初めて電子書籍を利用しようとお考えの方は多いのではないでしょうか? 電子 …

初回31日間の無料お試し期間あり
dマガジンをPCで読む方法と使って感じたメリット・デメリット

「dマガジン」はスマートフォンさえ持っていれば、いつでもどこでも好きな雑誌を読み …