電子書籍の購入から読むまでの大まかな流れについて

      2016/03/01

本好きの方なら、自宅にたくさんの本を抱え、収納にも困っている人も少なくありません。

電子書籍について、気にはなっているものの、まだ手を出していないという人は多いんではないでしょうか?
購入から、管理の仕方まで何となくはわかるけど、実際本当に便利なのか?

今回は電子書籍の購入から、読むまでの流れをご紹介したいと思います。

 

電子書籍ってどんな物?

電子書籍ってどんな物?

電子書籍は、その名の通り電子機器で閲覧が出来る書籍のこと。
電子化されている書籍は、小説や雑誌、漫画に至るまで多岐にわたります。
一般的に、パソコンやスマホがあれば閲覧は可能で、書籍によってスピーカーを要する物もあります。

1度ダウンロードしてしまえば、インターネットが繋がらない環境での閲覧も可能で、1度にたくさんの書籍を持ち運べると言った点も大きなメリットです。
購入は、電子書籍を扱っているサイトに無料登録し、購入したい書籍毎に課金されるシステムです。

電子書籍の閲覧に特化した小型の専用機器(電子ブックリーダー)も発売されており、書籍の購入から管理も簡単になっています。
パソコン、スマホ、タブレットに書籍を保存できるので、本を読むのは好きだけど、場所を取るので図書館を利用していると言う人にも最適なコンテンツになります。

 

まずはどのサイトで購入するかを決めよう!

まずはどのサイトで購入するかを決めよう!

どのサイトで電子書籍を購入するか・・・
これがまず初めの難題となると思います。
電子書籍を販売するサイトによって、どんな書籍を扱っているか、どの書籍に力を入れているかが異なります。
またストアによっては通常よりも電子書籍を安く買えるセールやキャンペーンを多く実施しているサイトもあるため、電子書籍をお得に購入したい方はセールを多く実施しているサイトを選ぶと良いでしょう。

タイトルやジャンルによって複数のサイトで購入するなど使い分ける方法も良いですが、クラウド上に保管・管理する本棚はサイトごとに異なるので、購入する書籍が多くなると管理が大変になる場合があります。
なので、できるだけ決まったサイトで購入するほうが良いでしょう。

当サイトおすすめの電子書籍ストアをご紹介いたします。
ラインナップやセール・キャンペーンも充実したサイトなので、初めて電子書籍を購入される方にもオススメのストアとなります。

eBookJapan(イーブックジャパン)

eBookJapan(イーブックジャパン)

マンガの保有は世界最大級!42万冊以上の圧倒的な取り扱い数が特徴の電子書籍ストア。

eBookJapan(イーブックジャパン)は、株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営する電子書籍ストアで、マンガを中心に42万冊以上の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴となります。
特に漫画の保有数は最大級となるため、漫画好きにはオススメの電子書籍ストアとなります。
電子書籍の購入金額の1%分、「全巻まとめ買い」は5倍の5%分をeBookポイントと付与され、貯まったポイントは1ポイント=1円相当として利用することもできます。
さらに、漫画以外にも、「無料で全ページ立読」や「割引SALE」などお得に利用・購入することもできます。
漫画以外にも、文芸やビジネス、雑誌、グラビア、写真集、アダルトなど様々なジャンルの電子書籍を取り扱っています。

eBookJapanはこんな電子書籍サイト

  • ブラウザ楽読み機能で、ブラウザ上で書籍閲覧可能
  • 専用リーダーをダウンロードして閲覧
  • コミックのダウンロード数、世界最大を誇るサイト
  • コミック中心に42万冊以上の取り扱い
  • 1つのIDで3端末まで登録可能
  • 独自のポイント制を設けており、次の書籍購入時に使用可

eBookJapanの詳細情報へ

 

BookLive!

BookLive!

Tポイントも貯まる、使える、日本最大級の電子書籍配信サービス!

BookLive!は、約20万タイトル、39万冊配信しており、毎日更新中。凸版印刷グループの電子ストアです。TSUTAYA、東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資を受けサービスを配信しているので、継続的な安定したサービス提供が見込まれます。日本最大級の電子書籍配信サービスなだけあって、取り扱っているジャンルも様々で、マンガはもちろん、ライトノベル、文芸、ビジネス実用、雑誌、写真集まで配信されています。

BookLive!はこんな電子書籍サイト

  • 専用のリーダーをダウンロードして閲覧
  • 商品毎に単価で精算
  • 総タイトル数が約20万タイトル、39万冊以上
  • 1つのIDで使用機器を5端末まで登録可能
  • インテル傘下のBookLive!、Tポイントも貯めることができる
  • 激安コーナーやまとめ買いコーナーも充実

BookLive!の詳細情報へ

 

楽天Kobo電子書籍ストア

楽天Kobo電子書籍ストア

楽天スーパーポイントが貯まる、使える。お得なキャンペーンも毎日開催!

楽天Kobo電子書籍ストアは、楽天が運営する電子書籍ストアで、約25万冊以上のコンテンツを配信しています。毎週更新の無料本やクーポンプレゼント、セールも実施中で通常よりも安く購入することもできるのが特徴です。
読書アプリは無料。楽天スーパーポイントも貯まって、そのポイントで読みたい本を購入することもできます。
取り扱っているジャンルは、漫画(コミック)、小説・エッセイ、ミステリー・サスペンス、ライトノベル、エンターテインメント、雑誌など様々なジャンルの電子書籍を取り扱っています。
パソコンやスマートフォン、タブレットでも読むことができるので、いつでもどこでも電子書籍を楽しむことができます。

楽天Kobo電子書籍ストアはこんな電子書籍サイト

  • 専用リーダーのアプリをインストールして閲覧
  • 商品毎に単価で精算
  • 約25万冊以上のコンテンツを配信
  • 毎週100冊以上が無料で閲覧可能
  • 楽天ブックスが運営しているサイトで、楽天スーパーポイントを貯めることができる
  • 電子書籍リーダーも販売

楽天Kobo電子書籍ストアの詳細情報へ

 

電子書籍のサイトに無料登録!

電子書籍のサイトに無料登録!

どこのサイトで書籍を購入するかが決まったら、無料登録をしましょう。
登録から実際に電子書籍を読むまでの大まかな流れは以下となります。

1.購入したいサイトにアクセスする。

2.個人情報を入力し、IDを取得する。

3.書籍を閲覧する為のリーダーをダウンロードする。

4.欲しい電子書籍を探す。

5.ダウンロードしたリーダーで閲覧する。

本を購入してから、閲覧するまでの手順はたったこれだけです。

全てサイトの指示に従っていけば完了できるよう詳しく説明がなされています。
IDを取得する際に、支払い方法の入力などをしますので、お手元にクレジットカードなどを準備しておくと良いと思います。

またサイトによって対応する決済方法が大きく異る場合があります。
クレジットカード以外の支払い方法が良い方は「eBookJapan」が様々な決済方法に対応しているので購入しやすいかと思います。

電子書籍を購入する前に、無料書籍を何冊か読むのもオススメです。
そのサイトが推している書籍がどんな物かを知るのは、書籍追加の傾向を知ることが出来るので是非体験してみて下さい。

 

電子書籍の管理方法

電子書籍の管理方法

一般的に電子書籍は、購入時にダウンロードしてクラウド上に保管されています。
一昔前まではストリーミングを用いられていましたが、現在はダウンロードが一般的です。

1度ダウンロードした書籍は、削除してもクラウド上に残っているので、何度でもダウンロードして閲覧することが可能です。
以前はダウンロード期限なる物を設けられている物もありましたが、今では期限なしの物が多くなってきています。

電子書籍ストアによっては、電子書籍を読んでいて途中で読むのをやめても、次は続きから再生されるような機能も有ります。
そのため、通勤電車やちょっとした空き時間での閲覧もストレスなく読み始めることが可能です。

 

電子ブックリーダーについて

電子ブックリーダーは、電子書籍を読むことだけに特化した電子機器です。
そのため、パソコンやスマホとは違い、書籍を読みやすい液晶などを採用しています。
光の反射が抑えられていたり、長時間の閲覧でも目が疲れないような工夫を施されている物も発売されています。

しかし、電子ブックリーダーは容量が少々小さい物が多く、小説などを主に閲覧する人には問題ないと思いますが、コミックなどを主に閲覧する人には向いていません。
コミックは絵があるため、情報量が多く、すぐに容量がいっぱいになってしまうからです。

書籍を読み終わったら削除し、また読むときにダウンロードする手間が気にならない人にはオススメですが、コミック派の人にはパソコン、スマホ、タブレットがオススメです。
逆に、小説など1度の読書で長時間閲覧するような人には、目の疲れなども考慮し、電子ブックリーダーをオススメしたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?
大まかではありますが、電子書籍の購入、閲覧手順をご紹介しました。

おそらく、悩んでしまうのが「どこの電子書籍ストアで購入すれば良いの?」という点かと思います。
迷ってしまった方は国内でも最大級の電子書籍ストアである「eBookJapan」や「BookLive!」は、ラインナップが充実しているだけでなく、様々な決済方法やデバイスに対応しているので、これから初めて電子書籍を利用する方にも良いかと思います。

電子書籍を使ってみたいけどよくわからない!という人へ、少しでも参考になれば幸いです。

 - 電子書籍について

1 eBookJapan(イーブックジャパン)

eBookJapan(イーブックジャパン)

漫画・コミックの品揃えはトップクラス!セールも多く実施しており、最大50%OFFで購入できることも!

  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応
  •  セールあり

おすすめ度:

2 BookLive!(ブックライブ)

BookLive!(ブックライブ)

TSUTAYA、東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資の国内最大級の電子書籍ストア!

  •  新規会員半額クーポンあり
  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

3   DMMの電子書籍

DMMの電子書籍

動画サービスや英会話など様々なサービスを提供するDMMが運営する電子書籍ストア。無料コンテンツも充実!

  •  会員登録無料
  •  無料立ち読みあり
  •  成人向けコミック充実
  •  オフラインでも読める
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

  関連記事

楽天マガジンの解約方法
楽天マガジンの解約方法とその流れ

このページでは楽天マガジンの解約方法とその一連の流れを、画像付きで詳しくご紹介い …

DMMポイントを使って電子書籍を購入する方法

DMM.comのサービスを利用していると、いつの間にかDMMポイント貯まっている …

楽天マガジンのお気に入り登録
楽天マガジンのお気に入り登録方法と便利な使い方をご紹介

約200誌の雑誌が月額380円という安さで読み放題できる電子雑誌サービス「楽天マ …

dマガジンを複数の端末で閲覧する方法と利用可能な最大デバイス数
dマガジンを複数の端末で閲覧する方法と利用可能な最大デバイス数

ファッション誌やエンタメ、週刊誌などたくさんの雑誌が月額400円で読み放題できる …

BOOKLive!
電子書籍サイト「BookLive!」の会員登録から購入までの流れ

電子書籍サイト「BookLive!」は、漫画、ラノベ、文芸からビジネスなど幅広い …

楽天Koboでポイントまたはクーポンを使って電子書籍を購入する方法
楽天Koboでポイントまたはクーポンを使って電子書籍を安く購入する方法

楽天Koboでは、楽天スーパーポイントまたはクーポンを使用することで電子書籍を安 …

BookLive!の新刊オート購入の使い方や登録方法

BookLive!は約50万冊以上の電子書籍を配信している電子書籍ストアです。 …

DMM電子書籍ではどんな漫画が読める?漫画のジャンルや配信数を調査!
DMM電子書籍ではどんな漫画が読める?漫画のジャンルや配信数を調査!

電子書籍サイト「DMM電子書籍」ではコミックを中心とした書籍を多数配信しています …

Windows10
Windows10で電子書籍は読める?主要ストアの対応状況まとめ

電子書籍を読むには、電子書籍の専用端末を利用する以外にも、お持ちのパソコンやタブ …

eBookJapanで読める電子書籍のジャンルと配信数
eBookJapanで読める電子書籍のジャンルと配信数

eBookJapanは管理人もよく利用している電子書籍ストアです。 利用している …