サブスクリプション型の電子書籍サービスについて

   

購入した分だけの支払いで気軽に利用できる個別課金型の電子書籍ストアや、月額コースに登録して貰えるポイントを使って読むことができる月額課金型など様々な電子書籍サービスがありますが、今回はサブスクリプション型(定額読み放題)の電子書籍サービスの特徴や魅力、利用方法についてご紹介いたします。

 

サブスクリプション型の電子書籍サービスとは?

電子書籍を読むには作品を1冊づつ購入して読むのが一般的でしたが、最近ではサブスクリプション型(定額制)の電子書籍サービスが注目を集めています。

特にAmazonが運営する「Kindle Unlimited」の開始により、サブスクリプション型の電子書籍サービスが一気に注目されるようになりました。

Kindle Unlimited

サブスクリプション型の電子書籍サービスを利用するには、会員登録を行い、読みたい本を選んで対応するデバイスで閲覧する形となり、配信されている作品であればいつでも読み放題で楽しむことができます。

配信される書籍のジャンルやラインナップ、作品数は各サービスごとに大きく異なるので、利用者は自分の読みたい本があるか確認することが大切。

配信コンテンツは定期的に更新されますが、サイトによってジャンルの強みがあったりするので好みの作品が配信されている、もしくは配信される見込みがあるサービスを選びましょう。

とはいえ、実際に利用してみないとわからない部分があるため、サブスクリプション型の電子書籍サービスの多くは一定の期間は無料で利用することができる無料お試し期間を設けているので、実際に使いながら自分に合うサービスか試すことができます。

シーモア読み放題やブック放題、ブックパスなど様々な定額制の電子書籍読み放題サービスがありますが、2017年10月31日にYahoo!ブックストア読み放題がサービス終了するなど、今後は新しいサービスが生まれる一方で終了するサービスも増えてきそうです。

動画の視聴もサブスクリプション型が普及していますが、電子書籍市場は今後も拡大される予測となっており、今後も定額読み放題のニーズは広がる可能性は高そうです。

利用料金と無料お試し期間

有名なKindle Unlimitedの利用料金は月額980円(税込)ですが、auのブックパスは月額562円(税抜)、ブック放題は月額500円(税抜)とサブスクリプション型の電子書籍サービスの利用料金はサービスごとに大きく異なります。

おおよその利用料金は月額500円~1,000円ほどと認識しておくと良いかと思います。

支払い方法はクレジットカードや携帯電話料金との合算払いなど様々ですが、個別課金型の電子書籍ストアと較べて利用できる決済方法が少ないので、選ぶサイトによっては利用しにくいケースがあるかもしれません。

無料お試し期間について

サブスクリプション型の電子書籍サービスによっては無料お試し期間を設けている場合があります。

Kindle Unlimitedは30日間のお試し期間を用意しており、期間中に解約した場合は料金が発生することもありません。

そのほか、ブック放題では1ヵ月、シーモア読み放題では7日間とサイトによって異なるため、「とりあえず定額読み放題サービスを体験してみたい」という方は、できるだけ無料お試し期間が長いサービスを選ぶと良いでしょう。

読み放題できる作品・ジャンル

配信されている書籍のジャンルや作品、配信作品数は各サービスに依存する形となるため、自分が読みたい作品があるかや、好みのジャンルが充実しているか調べてから利用したほうが安心です。

コミックや小説、ビジネス・実用書、雑誌など様々な電子書籍を配信しているKindle Unlimitedやブックパスのようなサービスもあれば、雑誌に特化しているdマガジンや楽天マガジン、マンガ・コミックに特化したシーモア読み放題など各サービスによって読める電子書籍のジャンルや作品は様々です。

自分が読みたい作品があるかどうか調べた上で、無料お試し期間があるサービスを選ぶのがオススメですよ。
 

サブスクリプション型のメリットとデメリット

たくさんの電子書籍が手頃な料金で読み放題できるサブスクリプション型の電子書籍サービスはメリットばかりに思えますが、当然ながらデメリットになる部分もあります。

そこでサブスクリプション型電子書籍ストアを利用するメリットとデメリットについてまとめてみました。

メリット

サブスクリプション型の電子書籍サービスは以下のようなメリットが挙げられます。

  • 比較的料金がリーズナブル
  • 何冊読んでも支払う料金は一定
  • サイトにもよるが配信数が多く、ジャンルも多彩
  • 試し読み感覚で様々な書籍が読める

利用するサイトにもよりますが、読む頻度の高い方は比較的リーズナブルな料金で読み放題できるのがサブスクリプション型の魅力です。

何冊読んでも料金は定額なので、月に100冊読んでも料金が高くなることはありません。

配信されている作品数も多く、普段は買ってまで読まないような書籍もお試し感覚で読むことができるため、思わぬ良い作品に出会えることも少なくありません。

デメリット

続いてデメリットについてご紹介いたします。

  • 配信が終了したら読めなくなる
  • 読まなくても定額料金を支払うことになる
  • 最悪の場合、読みたい書籍がないことも

ある程度の作品数を読まれる方であれば料金はリーズナブルに感じますが、逆にほとんど読まない場合でも料金が定額なので損することも。

配信される作品は利用するサービスに完全に依存するため、自分が読みたい作品があるとは限りません。
最悪の場合、全く読む作品がなくて利用していなくても料金は支払うことになりますので、読みたい書籍やジャンルが少ない場合は個別課金型の電子書籍ストアのほうが無駄なく利用できる可能性が高いです。

当然ながら、配信されている作品が終了してしまうこともあり、そうなった場合は読み放題では閲覧できなくなることも覚えておきましょう。

大好きな作品があり、定期的に読む場合は単品で購入して読むほうがお得なケースもあるかもしれません。

以上のように、サブスクリプション型の電子書籍サイトにはメリットとデメリットが存在しますので覚えておきましょう。

心配な要素がある方は無料お試し期間があるサービスから試すと安心ですよ。
 

サブスクリプション型の電子書籍サイトを利用しよう

今回はAmazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」を実際に登録から本を読むまでの流れについてご紹介いたします。

登録の流れや利用方法は、各サイトごとに異なりますが、大まかな流れはほとんど同じだと思いますので、参考程度にご覧いただけたら幸いです。

Kindle Unlimited公式サイト

公式サイト:Kindle Unlimited

まずは会員登録を行いますので、「Kindle Unlimited」の公式サイトにアクセスしましょう。

すでにAmazonのアカウントをお持ちの方であれば、公式サイトの「30日間の無料体験を始める」を選して、AmazonのIDとパスワードを入力すればすぐに利用することができます。

クレジットカード情報を入力

支払い情報が登録されていない場合は、クレジットカード情報を入力して登録します。

kindleunlimitedへようこそ

初めて利用する方であれば30日間は無料で試すことができるので、しっかり試して有料会員として利用するか判断しましょう。

kindleunlimitedのロゴ

あとは読みたい電子書籍を選んで、ビューアを起動して閲覧するだけです。

読み放題できる作品には上記画像のような「Kindle Unlimited」アイコンが付いているので、思う存分楽しみましょう。

デバイスはiOSやAndroid端末、パソコン、Kindleなど様々なデバイスで楽しむことができますよ。
 

まず試したい定額読み放題の電子書籍サービス

初めてサブスクリプション型の電子書籍サービスを利用するのにオススメのサイトを厳選してご紹介したいと思います。

Kindle Unlimited

Kindle Unlimited

サブスクリプション型の電子書籍サービスを初めて利用するなら、まずオススメなのが「Kindle Unlimited」。

読み放題できる本のジャンルも多彩で、配信数も豊富です。
何より初めて利用する方であれば30日間は無料で利用できるので、気になる方はまず登録してみて損なはいと思います。

もちろん、気に入らなかった場合は無料期間中に解約してしまえば料金が発生することはありません。

ダウンロードできる本の数は限られますが、スマホやタブレット、パソコン、専用のリーダー端末など読めるデバイスが豊富なのも魅力です。

料金は月額980円。

公式サイト:Kindle Unlimited

ブックパス

ブックパス

読みたい本を個別で購入して読む「アラカルト」のほかに、定額読み放題プランも用意されています。

読み放題できる本はコミック、小説、雑誌、実用書、写真集など幅広く、ラインナップも充実しています。

ただし、auユーザー限定のサービスとなっているため、ドコモやソフトバンクを利用している方は利用することができないのが残念ですが、auの利用者には非常におすすめ。

読み放題プランは月額562円。

公式サイト:ブックパス

dマガジン

dマガジン

「Kindle Unlimited」や「ブックパス」は様々な電子書籍が読み放題できるサービスですが、dマガジンは雑誌の読み放題に特化したサービスとなります。

雑誌のラインナップは非常に充実しており、月額400円という安さで利用することができます。

キャリアフリー化されているので、auやソフトバンクユーザーでも利用することができるのも嬉しいポイント。

初回のみ31日間は無料で試すことができるので、気になる方は実際に利用しながら検討してみると良いでしょう。

公式サイト:dマガジン

その他、定額読み放題できる電子書籍サービスの一覧は下記ページからご覧ください。
関連情報:定額読み放題サービスがある電子書籍ストアの比較

 - 電子書籍について

1 eBookJapan(イーブックジャパン)

eBookJapan(イーブックジャパン)

漫画・コミックの品揃えはトップクラス!セールも多く実施しており、最大50%OFFで購入できることも!

  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応
  •  セールあり

おすすめ度:

2 BookLive!(ブックライブ)

BookLive!(ブックライブ)

TSUTAYA、東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資の国内最大級の電子書籍ストア!

  •  新規会員半額クーポンあり
  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

3 DMMの電子書籍

DMMの電子書籍

動画サービスや英会話など様々なサービスを提供するDMMが運営する電子書籍ストア。無料コンテンツも充実!

  •  会員登録無料
  •  無料立ち読みあり
  •  成人向けコミック充実
  •  オフラインでも読める
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

  関連記事

BookLive!の新刊オート購入の使い方や登録方法

BookLive!は約50万冊以上の電子書籍を配信している電子書籍ストアです。 …

電子書籍のメリットとデメリット
電子書籍のメリットとデメリット

 最近では電子書籍をよく利用する方が結構増えてきているみたいです。 実際、電子書 …

電子書籍の支払い方法
電子書籍の支払い方法について

電子書籍の場合、直接書店で購入することはないため、決済方法が紙の書籍を購入する場 …

eBookJapan
eBookJapanの会員登録から電子書籍を購入するまでの流れ

このページでは、国内最大級の電子書籍サイト「eBookJapan」の会員登録方法 …

BookLive!の支払い方法
BookLive!でクレジットカードを登録する方法とそのメリット

BookLive!は様々な決済方法に対応しているので、キャリア決済はもちろん、ク …

コミックシーモアの無料会員登録方法
コミックシーモアの無料会員登録方法とお得な月額コースについて

コミックシーモアで電子書籍を購入して読むには新規で会員登録を行う必要があります。 …

eBookJapanの決済方法とワンタッチ決済の登録手順
eBookJapanの決済方法とワンタッチ決済の登録手順について

当サイトの管理人は複数の電子書籍サイトを利用していますが、メインで購入しているの …

電子書籍の購入から読むまでの大まかな流れについて
電子書籍の購入から読むまでの大まかな流れについて

本好きの方なら、自宅にたくさんの本を抱え、収納にも困っている人も少なくありません …

DMM電子書籍をPCで読もう!
DMM電子書籍をPCで読もう!ビューワの機能や使い方

DMM電子書籍ではWindowsやMacなどのPCからも電子書籍を読むことができ …

Prime Reading
Amazon「Prime Reading」のサービス内容や作品数・ラインナップを徹底調査!

Amazonプライム会員向けの電子書籍読み放題サービス「Prime Readin …