BL漫画『恋チン!』を読んだ感想と電子コミック情報

『恋チン!』 BLコミック

幸せの味ってどんな味だろう…?おいしい気持ちは正義、『恋チン!』

『恋チン!』は、マガジン・ビーボーイ付録の「泣けるBL」で紹介された『ファーストバイト』のスピンオフです。
この作品だけでも読めますが、前作を読んでおくとよりいっそう主人公の気持ちがわかって、こちらもさらに「泣けるBL」になります。

今回はこの『恋チン!』を読んだ感想と電子コミック情報をご紹介します。

『恋チン!』の作品情報

登場人物

加美与士郎(受け)
加美与士郎

好きだった男に告白できぬまま、結婚をされてしまった傷を持つゲイ。料理が得意。周りに受け入れてもらった経験が無いことから、恋に対して臆病。

和気翔吾(攻め)
和気翔吾

ABS局の新人イケメンアナウンサー。食べることが大好きで大食い。しかし味オンチで、ご飯の味自体は分かっていない。ご飯レポートの冠コーナーを持っている。素直で実直。嘘がつけないまっすぐな性格。

あらすじ

工事現場で働く加美は、今日もまた、一人で食べきれるはずのない自作の手作り弁当を食べていた。帰宅して、余った弁当を夕飯用にレンチンしていると、インターホンの音が鳴る。

「和気がいく!ワキあいあいメシのコーナー!」ドアを開けた加美の前に突然現れたのは、イケメン新人アナウンサーの和気だった。
一般家庭にゲリラ訪問し、献立を紹介するコーナーだと説明されたが、戸惑う加美を気にもせずに和気は、レンチンしたばかりの弁当を頬張って、幸せそうな表情を見せた。

弁当以外に、家にあったありったけの食事を腹に詰めて去って行った和気に呆然としていた加美だったが、翌日、現場の昼食時間にまた突然和気が現れた。聞けば、職場が目と鼻の先で、たまたま見かけたと言う。和気はまた加美の弁当を食らいつくすが「実は自分は味オンチで、ただ腹がいっぱいになればそれでいいんです」と告白する。

加美は、和気が、味が分からないなりに必死に仕事をし、楽しそうにご飯を食べている姿を見て、次第に心惹かれていく。

「味は分からないけれども、加美さんの作るご飯は特別な感じがする」
和気は毎日、加美の作った大量の弁当を食べに現場に訪れた。
しかしある日、和気は何のことわりも無く、加美の現場に来なかった。1人で、食べきれるはずのない量の弁当をもそもそと食べ始める加美。過去に受けた傷が、一口ごとに次々と思い出されていく。

和気はなぜ加美のところに現れなかったのか、そして加美の持つ辛い思い出とは…

『恋チン!』のみどころ

元気で素直な大型わんこ系の攻めがご飯をいっぱい食べる「ご飯ものBL」は、王道として確立されているジャンルです。しかし、この話が定番でワンパターンではないのは、攻めの和気が「味オンチ」であるところです。

ただ加美の作ったご飯がおいしくて胃袋を掴まれた、ということであれば、何のヤマもなく平坦に話が進んでしまいます。しかし和気が味オンチだからこそ、加美のご飯を美味しいと感じることで、加美に対して特別な気持ちを抱いていく過程としての説得力が生まれるのです。

裏表なく、正直な和気は「あなたのご飯が食べたいです」と素直な言葉を何の気なしに口にします。しかし、これまでゲイとして、好きな人に告白をしたことが無い、報われたことも、受け入れてもらったことも無い加美は、その言葉も素直に受け止めることができません。「また好きになってしまう、いけない」と自分にブレーキをかけます。

「明るい性格そのままに、和気は自分よりも料理ができて明るく前向きな女性と家庭を築くのだろう」そう考え「絶対に勘違いしてはいけない」と自分に言い聞かせるのです。

素直だからこそ、そして相手を気遣ったつもりの言葉が、さらに相手を傷つけることがある。この漫画は、そのことを教えてくれます。
特に、マイノリティとして幼いころから引け目を感じていた加美にとって、和気のまっすぐで正直な言葉と笑顔は、時に残酷なまでに、加美の心に突き刺さります。

恥じることは何も無いのに、好きな人がいても堂々とそれを周りに言うことができない。辛い体験をした加美の思いが、和気を避けるという行動になって現れます。

味オンチの和気がお腹いっぱいにご飯を食べる理由も、明確にはされていませんが、話の中でじわじわと説明されていきます。恋愛だけではなく、家庭の在り方や、そして家庭の食卓での子供の気持ちなども感じ取れ、読後にあたたかい気持ちになれる漫画です。

エッチシーンは短いですが、どれも、展開として無くてはならない箇所であり、そしてハッピーエンド後のご褒美として非常に満足できるシーンとなっています。特に、普段笑顔を絶やさない従順な和気がオスの顔になっている部分は、わんこ攻めBLとしての醍醐味です。

不憫な傷有り受けが元気なわんこ攻めに救われる漫画は、読んでいてハッピーな気持ちになれますが本作もまた、じんわりと泣かせつつも幸せな読後感で満足度の高い話になっています。

ぜひ、前作とあわせて読んでいただきたい作品です。

『恋チン!』の電子コミック情報

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

著者名:カキネ
出版社:ビーボーイ編集部
連載誌・レーベル:ビーボーイコミックスDX
ページ数:188ページ
立読ページ数:20ページ
ファイルサイズ:65.7MB

対応デバイス:Windows/Mac/iPhone/iPad/Android/ブラウザ楽読み

価格:691円

恋チン!を無料試し読みする

※作品情報や価格は、国内最大級の電子書籍ストア「eBookJapan」内の情報となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました