『好物はいちばんさいごに腹のなか』を読んだ感想と作品紹介

好物はいちばんさいごに腹のなか BLコミック

独特の世界観の人気ボーイズラブ(BL)作品『好物はいちばんさいごに腹のなか』を読んだので、作品のあらすじやみどころ、電子コミック情報をご紹介していきたいと思います。

 

『好物はいちばんさいごに腹のなか』とは?

『好物はいちばんさいごに腹のなか』は、蔓沢(つるさわ)つた子さんによる、特殊な世界の漫画です。

コミックス1冊の中で、ほぼ1話ごとに違うカップリングの話が読める、オムニバス形式になっています。
ドラマCDも発売され、2017年11月には続編が発行されている人気作です。

『好物はいちばんさいごに腹のなか』の主な登場人物

まずは『好物はいちばんさいごに腹のなか』の主な登場人物をご紹介いたします。
オムニバス形式のため、第1話のキャラのみ紹介となります。

カズイ(受け)
施設育ちで、家族に強い思い入れと憧れがある。子どもが欲しいと思うあまりに、あちこちで発情フェロモンをばらまき交尾をしている。

ノア(攻め)
芸能事務所の売れっ子モデル。メインクーン種の純血で、性格は不思議系。

『好物はいちばんさいごに腹のなか』第1話のあらすじ

猫を祖先として進化した世の中。
ヒトは二足歩行を始めた頃から、オスもメスも関係なく子を宿し、産むことができるようになった。
子どもが欲しい、相手が好きだと思えば身体からフェロモンが発せられる。そして、そのフェロモンに反応をしたヒトと交尾をする。

施設育ちのカズイは、自分と血の繋がった家族が欲しかった。街をうろつきフェロモンを発し、声をかけてきたオスと交尾をする毎日を続けていた。
しかし、どんなに代わるがわる相手と交尾をしてみても、なかなか妊娠ができない。

そんなある日カズイは、仕事先の店長に頼まれ、店長の弟が勤める芸能事務所で働くことになった。担当することになったのは、売れっ子モデルのノア。
純血種の美形、不思議な性格のノアに心惹かれて行きながらもカズイは、雑種の自分と純血種のノアではとてもつり合わない、振り向いてなどもらえない、と片思いをすることに決める。

しかしノアは、放っておけない一生懸命なカズイにやたらとかまい、ついにベッドをともにすることに…!
 

『好物はいちばんさいごに腹のなか』のみどころ

あとがきにもあるように、猫人間のファンタジーであり、とてもゆるい設定で何も考えずに楽しめる漫画です。基本的にハッピーエンドで、

・ラブラブ
・年齢差の年下攻め
・俺様攻めのほだされ受け

の3つのカップルの話が楽しめます。

それだけに少し慌ただしいですが、世界が同じで、登場人物たちにも繋がりがあるため、いちいち新しい設定を頭に入れる必要がありません。

そのため、コミックス1冊のオムニバスでも1つのまとまった話を読んだようでありながら3つのカプが読める、という非常にお得感の強いお話です。

オメガバースは難しいけれど、擬人化よりももうちょっと設定ができている話が読みたい。ハッピーでかわいくて、えっちな漫画が読みたい、という方におすすめです。

蔓沢つた子さんは、2013年の『くさかんむりに化けると書いて』(バンブーコミックス・Qpaコレクション)で初コミックス、そして2015年の今作が2冊目のコミックスですが、絵柄が非常に達者でベテランのように安定し、描き慣れています。

絵が安定してうまいということは、安心して読めるということに繋がります。設定が多少強引でも「ファンタジーだし」で楽しめてしまえる、そんな好印象の漫画です。
 

『好物はいちばんさいごに腹のなか』の電子コミック情報

著者名:蔓沢つた子
出版社:竹書房
ページ数:199ページ
立読ページ数:14ページ
ファイルサイズ:95.9MB

対応デバイス:Windows/Mac/iPhone/iPad/Android/ブラウザ楽読み

価格:657円 (税別)

好物はいちばんさいごに腹のなかを無料試し読み

続編の『好物はこっそりかくして腹のなか』が、2017年の11月に発行され、こちらも電子・コミックともに好評配信・発売中です。

ノアとカズイの子どもたち、そして1に出て来た他のカップルたちの子どもたちの話なので、同じ世界観でさらっと入り込めます。

こちらもあわせて読むと、よりいっそうハッピーが広がります。ぜひ2冊一緒にお楽しみください。

※作品情報や価格は、国内最大級の電子書籍ストア「eBookJapan」内の情報となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました