『窮鼠はチーズの夢を見る』を読んだ感想と作品紹介【レビュー】

『窮鼠はチーズの夢を見る』 BLコミック

『窮鼠はチーズの夢を見る』は、レディースコミックに掲載された、異色のBL漫画です。

「男同士が恋をしても何ら不思議ではない」ことが多い設定のBLが多い中で、この漫画は、水城せとなさんならではの視点により、鋭くも切なく、苦しい展開となっています。

今回は『窮鼠はチーズの夢を見る』を実際に読んだ感想やみどころをご紹介したいと思います。

『窮鼠はチーズの夢を見る』の作品紹介

まずは『窮鼠はチーズの夢を見る』の登場人物とあらすじをご紹介したいと思います。

『窮鼠はチーズの夢を見る』の主な登場人物

大伴恭一(おおとも・きょういち)【受け】
30歳。妻帯者。流されやすくほだされやすい、迫られるとノーといえないダメ男。

常に受け身で相手のアクションを待っている。妻に対してもどう接していいのかわからず、ただ金を自由に使わせている。

ある日、調査員となっていた大学の後輩・今ヶ瀬に呼び出され、浮気を黙っている交換条件に関係を迫られてしまう。

今ヶ瀬渉(いまがせ・わたる)【攻め】
恭一の学生時代の後輩。ゲイ。
ずっと恭一のことを好きだったが、告白をすることなく恭一は卒業、そのまま会わなくなる。

しかし、恭一の妻からの浮気調査をきっかけに接近。浮気の事実を黙っている交換に、と関係をもちかける。病み気味なほどに思いが強く、引きずりがち。

『窮鼠はチーズの夢を見る』のあらすじ

会社員の恭一は、大学時代の後輩・今ヶ瀬に、ある店へ呼び出されていた。今ヶ瀬が手にした封筒には、恭一の身辺調査が入っていた。調査員となっていた今ヶ瀬は、偶然、恭一の妻から「夫の浮気調査」と頼まれていたのだった。
浮気は事実。しかし家庭も壊されたくない。恭一は「一時の気の迷いだ」と弁解し、今ヶ瀬は調査結果を黙っている代わりに、恭一に体の関係を持ちかける。

その日はキスだけで終わったものの、叩けば埃が出てくる恭一は再度今ヶ瀬に呼び出され、より一歩進んだ関係を持ってしまう。

妻に対してどう接していいか分からない恭一は、ある日街で、男と一緒にいる今ヶ瀬を見て胸をざわつかせる。「もう俺に関わるな」と今ヶ瀬に言い放った恭一だったが、妻から突然離婚を切り出される。
しかしそれは、恭一の浮気が原因ではなく、妻もまた、恭一が「自分から動こうとはせずに相手の動きを待っているだけの人間」であることに息苦しさを感じていたためであった。

離婚をすることになってしまった恭一は今ヶ瀬に「こうなることを知っていたんじゃないのか」と電話をかけ、問いただすが「あなたは自分から相手を好きになったりしない。被害者面をして、もっと自分を愛してくれる相手がいるはずだと、際限なく物色をしている」と言い放たれる。
それは、「自分以上にあなたのことを好きになる人間などいない」という今ヶ瀬の宣戦布告でもあった。

離婚をし、一人暮らしを始めた恭一のところに数か月後、今ヶ瀬がやってくる。そして今ヶ瀬は、フリーとなった恭一の部屋にいつくようになり、二人の奇妙な関係が始まる。

『窮鼠はチーズの夢を見る』のみどころ・感想

この作品は決して、明るく楽しく幸せラブラブハッピーストーリーではありません。

掲載がレディースコミックだったこともあり、浮気・不倫という夫婦の現実や、男女の恋愛、そして男と女どちらを取るのかという非常にシビアな問題へと展開しています。

恭一は、流されるままに一話以降も女性と関係を簡単に持ちます。今ヶ瀬との関係もはっきりとさせず、しかし断るでもなく完全に受け入れもしません。

今ヶ瀬は、時に苛立ちながらも「ずっと好きだった」という思いを伝えてからは遠慮せずに恭一に迫るようになります。しかし、最後の最後の一線を越えるのは恭一の意思に任せます。

ゲイではない恭一に対して、無理強いはせずに、自分から階段を降りてくるのを待っているのです。

恭一は、流されてすぐに女性と関係を持ってしまうダメ男ですが、それもすべて「向こうが誘ってきたからだ」と常に受け身です。

そして、相手のせいにして自分は被害者だという逃げ道を作っています。常に煮え切らず、そして「今ヶ瀬が好きだって言うから」と自分の気持ちをはっきりさせることもしません。

自分から求めることをせずに、受け身体勢の恭一と、「待ち」の姿勢の今ヶ瀬。関係はなかなか進展せずに、お互いの元カノや元彼も登場してこじれていきます。

恭一が離婚をしたところで終わる第一話を読んだだけでは「何でこんなにはっきりしない男を」と思ってしまうのですが、二話、三話と読み進むにしたがって、今ヶ瀬の深い思いと、恐ろしささえ感じるほどの執着、そして、男女の恋のようにはいかない難しさを叩きつけられます。

この話をハッピーエンドととらえるかどうかは読んだ人しだいですが、2人にとってはきっと幸せな結末だったのでしょう。

一冊だけでは「ここで終わり?」と思ってしまいますので、続編の『俎上の鯉は二度跳ねる』も続けて読むことをおすすめします。

ただ「好き」というだけでは一緒にいられない。恭一は今ヶ瀬と関係を持ったからといってゲイではなく、ノンケのまま、そして今ヶ瀬はそのことにずっと不安を抱き続けます。

男同士の恋愛「BL」というよりは人間同士の恋愛の、綺麗なところも醜いところも描かれている作品です。

いわゆる「BL」は何だか世界がよく分からない。どうして男同士がそんなに簡単に…?と思われている方の入門のためにも、そして普段ハッピーなBLを読まれている方にも、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

『窮鼠はチーズの夢を見る』の電子コミック情報

  • 著者名:水城せとな
  • 出版社:小学館
  • 連載誌・レーベル:JUDY
  • 価格:440円

優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭-。ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬だった。ところが、不倫の事実を妻に伝えないことの代償として今ヶ瀬が突きつけてきた要求は、「貴方のカラダと引き換えに」という信じられないもので…。くるおしいほどに切ない男と男のアダルト・ラブストーリー。

電子版と紙版の価格差

電子版と紙版の価格

電子コミックのほうが価格が安い傾向にありますが、『窮鼠はチーズの夢を見る』はKindleストア楽天Koboで調査してみましたが、どちらも価格は同じでした。

電子派の方は電子書籍ストアで購入したほうが管理しやすいので電子コミック版がおすすめですが、紙派の方は無理して電子版を購入する必要もないと思います。

自分の好みや読みやすいほうで購入しましょう。

ちなみに管理人は画質、決済方法や対応するアプリの豊富さなどの理由からeBookJapan(イーブックジャパン)をメインで利用しています。
特にストアへのこだわりがない方はeBookJapanを試しに利用してみては?

eBookJapanの良いところ、気になるところをレビューしています。
関連情報:電子書籍を「eBookJapan(イーブックジャパン)」で利用した感想と評判

コメント

タイトルとURLをコピーしました