楽天マガジンの解約方法とその流れ

   

このページでは楽天マガジンの解約方法とその一連の流れを、画像付きで詳しくご紹介いたします。
実際に管理人が解約手続きを行って感じたことや手順について、できるだけ詳しく掲載したいと考えております。

結論から言うと、楽天マガジンの解約は簡単ですが、アンケートの回答などちょっと面倒な手続きが必要となっています。

それでは具体的な解約の流れについて順番にご説明いたします。
 

楽天マガジンの解約方法とその流れ

楽天マガジンの解約方法とその流れ

楽天マガジンの解約はパソコンのほか、スマートフォン端末でも手続きが可能ですので、使いやすいデバイスから楽天マガジンの公式サイトにアクセスしましょう。

今回管理人はスマートフォン(iPhone)から解約手続きをしていますので、ご紹介する画像のはスマホ版の画面となります。

Step1.公式サイトにアクセス(スマホからもOK)

公式サイトにアクセス

まずは解約手続きを行うために公式サイトにアクセスします。

ログインしていない方は「マイページ」からID、パスワードを入力してログインしましょう。

Step2.「マイページ」から解約手続きへ

「マイページ」から解約手続きへ

マイページ内に「ご解約」という項目があるので、「解約ページへ」をタップします。

楽天会員のログイン画面に移動するのでユーザーIDとパスワードを入力してログインします。

そのまま解約する場合は読み飛ばして下部にある「解約確認へ進む」をタップ

楽天マガジンのサービスや機能を紹介する画面となりますが、そのまま解約する場合は読み飛ばして下部にある「解約確認へ進む」をタップしましょう。

「ご確認ください」の画面が表示される

再度、「ご解約の前に!」というお得なキャンペーンの紹介画面が表示されるので、解約する方はスルーして下部の「解約確認へ進む」をタップします。

Step3.アンケートへの回答

楽天マガジンの解約はアンケートへの回答が必要

楽天マガジンの解約はアンケートの回答が必須となっているようです。
面倒ですが、アンケートの回答をしましょう。

必須項目はチェックを入れるだけの回答となるため、比較的簡単に行うことができます。

回答できたら「アンケートを送信する」ボタンをタップします。

アンケートの回答を送信すると「アンケート完了」画面へ

「アンケート完了」という画面が表示されるので「解約する」をタップします。

Step4.解約完了

サービスご解約画面へ

「解約が完了いたしました」というメッセージが表示されれば、楽天マガジンの解約は完了です。

サービスご解約完了のお知らせメール

「サービスご解約完了のお知らせ」というメールが送信されているはずなので、詳細を確認しておきましょう。

楽天マガジンの解約は、アンケートの回答が必須など面倒な手続きがありましたが、わかりにくくて解約が難しいということはありませんでした。

利用頻度が著しく少ない方は、解約をお考えになってみてはいかがでしょうか?

 

楽天マガジンを解約する際の注意点

一度利用・解約すると再入会の際は無料お試し期間は適用されません。

また、無料期間終了後に年間プランを解約した場合は利用料金は返金されないので注意しましょう。

解約手続きはサービス紹介やアンケートへの回答など、ちょっと面倒くさい流れとなっていますが、手続き自体は簡単ですので、淡々と進めて解約しましょう。

楽天マガジンの無料お試し期間で利用を終了する場合は、無料期間内に解約手続きを終えるようにしましょう。

無料期間が終了すると、自動的に有料プランへ移行してしまうので、満足できなかった方はお試し期間が終了する前に解約しましょう。

 

まとめ

解約の際、アンケートへの回答を求めるWebサービスも多いものの、アンケート自体は任意での回答だったりしますが、楽天マガジンは必須となっている点は面倒だなと感じました。

ただ、必須の回答項目は選択するだけなので、サクッと選んで解約するようにしましょう。

「楽天マガジンを解約する際の注意点」でもご紹介しましたが、無料お試し期間で解約する場合は、期間中に解約手続きを終える必要がありますので、解約される方は期限ギリギリにならないように注意しましょう。

月額380円と安い利用料金なので、あまり利用していなくてもダラダラと継続してしまうこともありますが、すでに利用中の方は利用頻度や利用料金を考えて、継続するか解約するか改めて考えてみるのも良いでしょう。

雑誌読み放題サービスは、dマガジンが有名で、こちらも初回31日間は無料で試せるので、楽天マガジンはイマイチと感じた方はdマガジンも試してみてはいかがでしょうか?

dマガジンは楽天マガジンでは配信されていない雑誌があったり、パソコンでも閲覧可能などメリットも多いですので、気になる方はチェックしてみては?

公式サイト:dマガジン

 - 電子書籍について

1 eBookJapan(イーブックジャパン)

eBookJapan(イーブックジャパン)

漫画・コミックの品揃えはトップクラス!セールも多く実施しており、最大50%OFFで購入できることも!

  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応
  •  セールあり

おすすめ度:

2 BookLive!(ブックライブ)

BookLive!(ブックライブ)

TSUTAYA、東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資の国内最大級の電子書籍ストア!

  •  新規会員半額クーポンあり
  •  無料立ち読みあり
  •  オフラインでも読める
  •  会員登録無料
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

3   DMMの電子書籍

DMMの電子書籍

動画サービスや英会話など様々なサービスを提供するDMMが運営する電子書籍ストア。無料コンテンツも充実!

  •  会員登録無料
  •  無料立ち読みあり
  •  成人向けコミック充実
  •  オフラインでも読める
  •  PC・スマホ・タブレット対応

おすすめ度:

  関連記事

BookLive!でTポイントを使って電子書籍を購入する流れ
BookLive!でTポイントを使って電子書籍を購入する流れ

電子書籍が購入できるBookLive!ではあらかじめTポイントの利用手続きをする …

BookLive!の支払い方法
BookLive!でクレジットカードを登録する方法とそのメリット

BookLive!は様々な決済方法に対応しているので、キャリア決済はもちろん、ク …

dマガジン
dマガジンの登録方法と申し込みの流れ

月額400円(税別)で電子雑誌が読み放題できる「dマガジン」は、CMでも流れてい …

左右にフリックすると配信されているバックナンバーを確認できる
楽天マガジンでバックナンバーを読む方法

楽天マガジンは月額380円(税抜)で雑誌が読み放題で楽しめるサービスですが、各雑 …

BookLive!アイキャッチ画像
BookLive!の初回限定半額(50%OFF)クーポンの使い方

電子書籍BookLive!は約50万冊以上の電子書籍を配信している人気のサービス …

dマガジンの雑誌をダウンロードして読む方法と使い方
dマガジンの雑誌をダウンロードして読む方法と使いこなすためのポイント

月額400円で180以上の雑誌が読み放題できるサービス「dマガジン」は、端末に雑 …

楽天マガジンのポイント決済方法
楽天マガジンの料金を楽天スーパーポイントで支払うための設定方法

楽天マガジンの支払い方法はクレジットカードのみですが、2017年7月から楽天スー …

DMMポイントを使って電子書籍を購入する方法

DMM.comのサービスを利用していると、いつの間にかDMMポイント貯まっている …

成人コミックを読むなら電子書籍がオススメの理由とR18コミックが充実したストア
成人コミックを読むなら電子書籍がオススメの理由とR18コミックが充実したストア

電子書籍はマンガや小説、ビジネス書、雑誌など様々なジャンルの書籍を読むことができ …

dマガジンの配信数と雑誌の種類(ジャンル)
dマガジンはどんな雑誌が読める?雑誌の配信数とジャンルについて

月額400円という手頃な料金で180もの雑誌が読み放題になる「dマガジン」ですが …