DMMブックスアプリの使い方・ダウンロード方法

DMMブックスアプリの使い方・ダウンロード方法 アプリ

DMMブックス(旧DMM電子書籍)では専用のアプリがあるのはご存知でしょうか?
DMMブックスの公式サイトで購入した電子書籍やコミックをスマートフォンやタブレットで読むことができる本棚プリです。

アプリがあればわざわざDMMブックスのサイトにアクセスしなくても読むことができるので便利です。またアプリでは、電子書籍を読むときにも便利な機能も充実しています。

DMMブックスで購入した電子書籍作品はブラウザでも閲覧できますが、この場合はストリーミングでの閲覧となるためネット環境は必須。一方で、DMMブックスアプリでは電子書籍のデータを端末にダウンロードして閲覧できるので、ネット環境がない場所でも快適に閲覧可能です。

実際に筆者もDMMブックスでコミックを購入してアプリを使って読んでいますがなかなか使いやすくておすすめです。

iphoneとipadの両方にアプリを入れてどちらでも読むことができるので、お気に入りのコミックがいつでも読めます。たまに読みたいコミックが50%オフなどのセールもやっているのでちょこちょこチェックして購入してますよ♪

まずは「DMMブックス」にどんなジャンルの書籍やコミックがあるのか、値段は紙との違いはあるのか、そしてアプリの使い方を紹介していきます。

新規会員限定の70%OFFクーポンが復活!

DMM(FANZA)ブックスでは新規会員限定の70%OFFクーポン

DMMブックスで有料作品を購入したことがない方限定で対象作品が70%OFFで購入できるクーポンを配布中です。

一部対象外作品を除く全作品に使用可能で、利用期限はクーポン取得後7日以内。初回購入が完了するまでなので、70%OFFで購入したい作品は1度にまとめて決済を行いましょう。

値引き上限は3,000円となっていますが、それでもかなりお得なクーポンなので、まだDMMブックスを利用したことがない方にはおすすめ。

なお、70%OFFクーポンの配布終了日は未定となっていますが、予告なく配布が終了する可能性があるとのことなので早めに使用しましょう。

DMMブックス(旧DMM電子書籍)とは?

DMMブックスは、DMM.comが運営するデジタル化したコミックや電子書籍を配信しているサイトです。

特に漫画ジャンルが充実していますが、小説、雑誌、ビジネス・実用書、写真集など多彩な作品を取り揃えています。
また、FANZAブックスでは、アダルトコミックなど大人向け作品がとても充実しています。

そのほか、最近では縦読み&フルカラーのGIGATOON(ギガトゥーン)作品も配信されており、内容はかなり充実しています。

取り扱っている電子書籍のジャンル

  • 少年コミック
  • 青年コミック
  • ソフトエッチ
  • 少女コミック
  • レディースコミック
  • ロマンスコミック
  • 文芸・ラノベ
  • 一般書籍
  • 写真集
  • アダルトコミック
  • アダルト写真集

ブラウザでも電子書籍を読むことができますが、無料のビューアとアプリで簡単サクサク快適に電子書籍を読むことができます。電子書籍をダウンロードすることでインターネット環境がない場所やオフラインでも電子書籍を読むことができます。

またDMMブックスでは、無料で読める書籍が1,000冊以上ありタダでも楽しむことができますよ。

個人的には紙の書籍の方が好きですが、家に荷物が増えるのが嫌でめっきり電子書籍派になってしまいましたがDMMブックスは値段も紙の書籍とさほど変わらないので満足しています。むしろ紙の書籍よりDMMブックスで購入する方が安いときもありますよ。

例えばDMMブックスで実際に購入できる「NANA1巻」は421円(税込)です。

DMM電子書籍 NANA

紙の「NANA1巻」がamazonで売られているものも、421円(税込)で同じ値段です。コミックはだいたい同じ値段か少しDMMブックスの方が安かったりします。ほしい書籍がセールになっていることもあるので、その時に購入すればとてもおトクです。

DMMブックスの詳細情報へ

DMMブックスアプリの使い方

DMMブックスで会員登録をして、書籍を購入したことがある方はぜひアプリを使ってみましょう。
まずは「DMMブックス」のアプリをダウンロードします。

「DMMブックス」はDMMブックスのサイトで購入した書籍を閲覧するためのアプリです。iOS、Android端末からダウンロードできます。

AppStore、GooglePlayの検索ツールから「DMMブックス」で検索してアプリをダウンロードするか、以下の方法でダウンロードします。

DMM ブックスアプリ1

スマートフォンやタブレットでブックスにアクセスしのトップ画面の右上の「サービス」をタップします。

DMM ブックスアプリ2

次に1番下の「DMMアプリ」をタップします。

DMM ブックスアプリ3

次に「DMMブックス」をタップするとダウンロード画面になります。

アプリをダウンロードしたらさっそく開いてみましょう。アプリの説明がでてきますので、「次へ」をタップして進むとログイン画面になります。

DMMアプリ使い方1

DMMで会員登録したアカウントでログインします。
DMMブックスで購入した書籍が購入済みのところに表示されます。

DMMアプリ使い方2

書籍をタップするとその作品の購入したすべての巻が表示されます。

DMMアプリ使い方3

書籍の右下の下矢印マークをタップするとダウンロードができます。

DMMアプリ使い方4

「ダウンロード」をタップするとダウンロードが開始されます。
※電子書籍をダウンロードする時は、Wi-Fi環境でダウンロードすることをおすすめします。

作品を一括ダウンロードすることもできますよ。

DMMアプリ使い方5

一番上の作品名の横にある下矢印マークをタップすると
DMMアプリ使い方6

その作品の購入済みの巻がすべてダウンロードされます。
ダウンロードされたら作品をタップすると作品が読めます。あらかじめダウンロードしておくと、インターネット環境のない場所でも読むことができますし、サクサク読めるのイライラしませんよ♪

表紙から始まります。読んでいる時にしおりをつけたり、明るさを変えたりすることができます。

DMMアプリ使い方7

上の画像の様に赤丸を付けたとこらへんをタップすると、便利な機能メニューがでてきます。

DMMアプリ使い方8

歯車のアイコンをタップすると

DMMアプリ使い方9

ビューアの設定ができ、自分の読みやすい様に設定ができます。

自動再生機能

DMMブックスで電子書籍を読む時に自動再生機能という機能を使って読むことができます。自動再生機能は、イメージはデジタルフォトフレームのように、自分で操作をしなくて自動でページめくりを行ってくれる機能です。
ページがめるくれる間隔も設定できるようになっており、2秒〜20秒の秒数で設定が可能です。

自動再生機能を使ってみよう

電子書籍のビューア画面で(読書画面)、真ん中あたりを軽くタップするとメニューが表示されます。

dmmブックス、自動再生機能

左下にある、▶︎のアイコンで自動再生のON/OFFを切り替えをすることができます。

自動再生でページがめくれる間隔を設定したい時は、

「歯車アイコン」をタップ

右下にある「歯車アイコン」をタッして、ビューア設定メニューを開きます。

自動再生の間隔を設定

自動再生のところにある再生時間のところで右にスワイプすれば間隔を2〜20秒間隔で設定ができますので、自分の好みに合う間隔の秒数に設定します。

その他にも、ループ再生のON/OFFを切り替えもできます。
ループ再生は、最後のページにくるとまた最初の表紙のページに戻り操作をしなくても勝手にリピートされる再生方法です。

自動再生の方向の設定もできます。

自動再生方向の設定

順方向は、読んでいる本のページ順に自動再生されます。

逆方向は、読んでいる本のページ順と逆に自動再生がされます。

ランダムは、読んでいる本のページがランダムに自動再生されます。
ランダム自動再生はコミック、小説などストーリーがある書籍には向きませんが、写真集等を閲覧する時には良い機能ですよ。

本棚も作れます

たくさん電子書籍を購入したらわかりやくすく、本棚機能を使って書籍を整理することができます。
作成した本棚には、鍵付き本棚に設定することができ、フィルタ機能を有効にすれば非表示状態にすることもできます。

内緒で購入した本をこっそり読みたい方にオススメ!

本棚の作成方法

DMMブックス本棚作成方法

DMMブックスアプリのホーム画面で右にスワイプすると、上にあるメニューがスライドされ選択できます。
本棚を追加する時は、一番右までスワイプし「+」のメニューのところから本棚を追加します。

DMMアプリ使い方10

「本棚を作成する」をタップします。

本棚名を入力する

本棚名を入力したら、「OK」をタップします。

本棚が追加されている

上のメニューに本棚が追加されています。

では追加した本棚に本を追加してみましょう。
(追加できる本はダウンロード済みの本しか追加できません。)

「本を追加する」をタップします

「本を追加する」をタップします。

移動する書籍を選択

移動したい書籍を選択し、「本棚へ移動」をタップすると追加されます。

鍵付き本棚の作成方法

DMMブックスではアダルト系の電子書籍も多くあります。こっそり読みたい方は鍵付きの本棚を作成することで、バレずに楽しむことができますよ。

DMMブックス本棚作成方法

DMMブックスアプリのホーム画面で右にスワイプすると、上にあるメニューがスライドされ選択できます。
本棚を追加する時は、一番右までスワイプし「+」のメニューのところから本棚を追加します。

DMMアプリ使い方10

「本棚を作成する」をタップします。

鍵付き本棚に設定する

鍵付き本棚に設定のところのON/OFFを切り替えボタンをONにして、「OK」をタップします。
(ONの時は緑色で、OFFのときは白色です。)

パスコードを入力

パスコードを入力します。
2回パスコードを入力する画面になります。

「OK」をタップすると鍵付き本棚が追加される

「OK」をタップすると鍵付きの本棚が追加されます。
鍵付き本棚として作成した本棚はロックをしておけば非表示にすることができます。

では、鍵付き本棚をロックして非表示にしてみましょう。

メニューアイコンをタップ

左上のメニューアイコン(三本ライン)をタップします。

鍵付き本棚のロックをONにする

鍵付き本棚のロックをONにします。
(ONの時は緑色で、OFFのときは白色です。)

「閉じる」をタップする
「閉じる」をタップすると、鍵付き本棚がロックされ非表示になっています。

鍵付き本棚のロックをOFFにしたい時は左上のメニューアイコンをタップして、鍵付き本棚のロックをOFFにします。

フィルタの解除

OFFにする時にはパスコードの入力が必要です。

まとめ

DMMブックスで購入した書籍を読むのに便利な「DMMブックス」のアプリは、書籍の購入はできませんがアプリを端末に入れておけばすぐに開いて電子書籍を読むことができるのでとても便利です。

移動中やちょっとした空き時間に電子書籍が楽しめます。あらかじめダウンロードしておけばネットを繋がなくてもサクサク読めるのでとても便利です。
立ち読みできる書籍や無料の書籍なんかもありますので、飽きずに楽しむことができますよ♪

私個人的な感想としては非常に使いやすいアプリなので、特に不満もなく使用しています。

アプリの使い勝手を詳しく知りたい方は、DMMブックスの登録やアプリは無料で、タダで読める電子書籍を購入すれば実際にアプリを使って読めるので、気になる方は実際に試してみてはいかがでしょうか?

関連情報:電子書籍サイト「DMMブックス」の会員登録から購入までの流れ

コメント

タイトルとURLをコピーしました